上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 

第11回あいオフ http://d.hatena.ne.jp/takumi96/20160611/1465616541

twitterでは「構築が完成していない」と嘆いていましたが、当日の朝に微調整して臨みました

結果はベスト8

詳しくは動画で

いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
スポンサーサイト

PGLレートシーズン10,11合わせて300試合ほど使用した構築
最高レートは1893



ポケモン性格技1技2技3技4特性持ち物
クレセリアずぶといサイコキネシスれいとうビームでんじはねむるふゆうカゴのみ
ヒードランひかえめねっぷうだいちのちからみがわりまもるもらいびたべのこし
モロバレルのんきいかりのこなキノコのほうしギガドレインまもるさいせいりょくゴツゴツメット
ランドロス(霊獣)いじっぱりじしんいわなだればかぢからとんぼがえりいかくとつげきチョッキ
ガルーラいじっぱりねこだましすてみタックルグロウパンチふいうちきもったまガルーラナイト
ボルトロスおくびょう10まんボルトめざめるパワー氷くさむすびでんじはいたずらごころたつじんのおび



クレセリア@カゴの実
努力値:H252 B252 D4
実数値:227-*-189-95-151-105

放送/動画で「クレセリアがどうしても使いたいけど持っていない。厳選する時間がなかなか取れない」と嘆いていた時に視聴者さんからプレゼントされた個体。最初からHBで努力値が振られており、努力値をリセットする「まっさらバッグ」を持っていなかったので、そのまま使用。特に「冷凍ビーム」の火力の無さで霊獣ランドロスが倒せないのがかなり気になった。

「電磁波」に関して。この手の構築のクレセリアは素早さ操作の技として「トリックルーム」を採用するケースが多く、警戒されていない場面は多かった。地面タイプや電気タイプのポケモンに対して無効であり、「凍える風」や「トリックルーム」と比較して素早さ操作の技として機能しないのは他で上手くカバーする必要がある。「電磁波」を無効化してくる「身代わり」を使用するポケモンとして主なものであるギルガルドやヒードランはクレセリアより遅いケースが殆どだったので、厄介なこれらのポケモンに対して安定して打てる技だったのは良かった(この構築使用当初はめざめるパワー地面を持ったクレセリアはあまりいなかったので、ヒードランが様子見のために「守る」を挟むことなく動かしてきたので、「電磁波」が決まり効果的だった)

「眠る」について
体力全快しつつ、状態異常を回復できる技。クレセリアへの打点が乏しく、「どくどく」を主なダメージソースとして使用してくる相手に対しては有効。「カゴの実」と合わせて使用しているので、相手の「ダークホール」や「キノコのほうし」に対して一回だけ催眠を受けない保険的な意味も持つ。「叩き落とす」を受けない限りほぼ確実に発動する「オボンの実」と異なり、技スペースを一枠割いて使用しているので、かなり怪しさがある。「眠る」クレセリアはプレイヤーとして唯一結果を出した2013年の日韓ダブルバトル対抗戦などで使用していた思い入れのあるポケモンではあるが、見切るべき感がある。

【ダブル】第4回ハオ海賊団運動会及び全国ダブル日韓戦使用構築
http://poketaroimo.blog.fc2.com/blog-entry-188.html

エスパー技の選択に関して
ミロカロスの「負けん気」発動を引き起こすリスクはあるが、威力が10高くてDダウンの追加効果も期待できるサイコキネシス


ヒードラン@食べ残し
努力値:H252 C252 S4
実数値:198-*-126-200-126-98

実際に使用していた個体は妥協個体で、耐久個体値がやや低め、C個体値は23しかなく「熱風」ミリ耐えをされた時はかなり葛藤した。世界大会前からレーティングでのシュカの実ヒードランの増加は感じていたが、自分にとっては食べ残しヒードランの方が使いやすかった。これも2013年に使用していた時と同じ型(当時は性格図太いを採用)


モロバレル@ゴツゴツメット
努力値:H252 B156 D100
実数値:221-*-121-105-113-31

性格呑気。HB振りでは耐えない特殊技が多くあり、適当なバランスを取った振り方。「トリックルーム」に大きく依存したような構築以外に対しては、ほとんど選出しない。


霊獣ランドロス@突撃チョッキ
努力値:H4 A252 S252
実数値:165-216-110-*-100-143

2015年日本代表決定戦を見たあたりから、拘らない霊獣ランドロスの強さを再認識。もちろん「命の珠」は強いアイテムだが、ある程度読みに失敗しても「突撃チョッキ」を持っていれば弱点の氷技や水技、晴れ状態での炎技を耐える機会が増えるので、このアイテムに落ち着く。「とんぼ返り」を使用する場合、裏から霊獣ランドロスに向けた技を受けやすいポケモンを用意すべきだが「ガルーラ、クレセリア、ヒードラン、霊獣ランドロス」を基本選出にしていたために一貫してしまう技も多く、あまり効果的に機能しない場面もあったため「叩き落とす」の方がよかったかもしれない。「とんぼ返り」のメリットとしては他に相手の「トリックルーム」に合わせての交換する機会を創出できるのと、「電磁波」を入れたルンパッパに対してのダメージソースとなるのを感じた程度。


ガルーラ@ガルーラナイト
努力値:H212 A148 B92 D20 S36
実数値:207-147-112-*-103-115 (207-180-132-*-123-125)

2015年アジアカップシンガポール予選優勝のLevel51さんのガルーラ(http://poketaroimo.blog.fc2.com/blog-entry-280.html)をベースに自分好みのものに。

・持ち物補正なし陽気テラキオンのインファイトを62.5%で耐える

本格的にこの種の構築がCHALKとして認識され、メガガルーラミラーの場面が増えると素早さが遅いガルーラはかなり使いにくく感じた。弱点の格闘技などを「いかりのこな」で吸い寄せてくれるモロバレルの選出が少ない場合、格闘技は本来「けたぐり」を採用すべきだと思うが、相手の特性『威嚇』を受けても圧力をかけ続けられる「グロウパンチ」とタイプ一致高火力の「捨て身タックル」の組み合わせに魅力を感じ、このような構成に。「グロウパンチ」を採用する場合は、反動ダメージがない「おんがえし」や「やつあたり」が採用されると思うが、「攻撃は最大の防御」「相手を先に倒せばダメージを受けない」の信念のもと、「捨て身タックル」を採用。


化身ボルトロス@達人の帯
努力値:H4 C252 S252
実数値:155-*-90-177-100-179

これも放送/動画視聴者さんから頂いた個体。この構築で一番素早さの速いポケモン。他の5体で対応しきれない「エルフテラキ」(これはクレセリアに「トリックルーム」を採用していないことが影響している)や処理の遅くなるトリトドンやラグラージを帯草結びで処理する。選出は少ないが、出した試合では活躍。「守る」が欲しかったが技スペースがなかった。

PGLレーティング対戦動画




英文構築テキスト
Cresselia @ Chesto Berry
Ability: Levitate
Level: 50
EVs: 252 HP / 252 Def / 4 SpD
Bold Nature
IVs: 0 Atk
- Psychic
- Ice Beam
- Thunder Wave
- Rest

Heatran @ Leftovers
Ability: Flash Fire
Level: 50
EVs: 252 HP / 252 SpA / 4 Spe
Modest Nature
- Heat Wave
- Earth Power
- Substitute
- Protect

Amoonguss @ Rocky Helmet
Ability: Regenerator
Level: 50
EVs: 252 HP / 156 Def / 100 SpD
Relaxed Nature
IVs: 0 Spe
- Rage Powder
- Spore
- Giga Drain
- Protect

Landorus-Therian @ Assault Vest
Ability: Intimidate
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 Atk / 252 Spe
Adamant Nature
- Earthquake
- Rock Slide
- Superpower
- U-turn

Kangaskhan @ Kangaskhanite
Ability: Scrappy
Level: 50
EVs: 212 HP / 148 Atk / 92 Def / 20 SpD / 36 Spe
Adamant Nature
- Fake Out
- Double-Edge
- Power-Up Punch
- Sucker Punch

Thundurus @ Expert Belt
Ability: Prankster
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 SpA / 252 Spe
Timid Nature
- Thunderbolt
- Hidden Power [Ice]
- Grass Knot
- Thunder Wave



いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 

注:International Challenge JuneによるCPで多少のランキング変動の可能性あり
2015年7月13日 最終CPランキングに基づいて更新

2015年7月15日
海外ポケモン公式TPCiサイト内で正式な参加者リストが公開されました!
http://www.pokemon.com/us/pokemon-news/world-championships-qualifiers-announced/

参照
http://www.pokemon.com/us/play-pokemon/leaderboards/championships/
http://www.pokemon.com/us/play-pokemon/pokemon-events/pokemon-tournaments/vg-world-championships/

海外の代表決定戦結果まとめ記事はこちら
http://poketaroimo.blog.fc2.com/blog-entry-298.html

海外の代表決定戦動画の再生リストはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=e8KnMXVHif8&list=PL4yDZfgg0rsiiAKtkt_buc8BXVYJX_PAy
https://www.youtube.com/watch?v=qLF-3UhKdZ4&list=PL4yDZfgg0rsjxKUnFBpeKyo7Q5E-NEYYu
https://www.youtube.com/watch?v=OLyDOx4xCSw&list=PLNQD5zjd_5r8iIyuqwMxx7g0XjczY3gpl

注:以下の参加者リストは基本的に各地域のランキング順

Day1(Day1からの世界大会参加有資格者は自費遠征となるため参加しない可能性もあり)

(去年の世界TOP4プレイヤーの扱いについて日本と海外で現状異なるようなので確認中)
・去年の世界大会TOP4から3人
Sejun Park(韓国)
Jeudy Azzarelli(アメリカ)
(VGC2014 世界3位のCollin Heierは北米のCPシステムでDay2からの参加権を獲得)
Markus Liu(ドイツ)

・Asia Pacific16人
Wai Yin L(シンガポール)
Matthew J Roe(オーストラリア)
Zarif Ayman(マレーシア)
Lee Yong hwee (シンガポール)
Chris Giagozoglou(オーストラリア)
Edward KH Cheung(香港)
Zulherryka Yusof(シンガポール)
Jackson Lakey(オーストラリア)
Siu_Hin(香港)
Jaryl Chan (シンガポール)
Shawn Tang(シンガポール)
Mustafaa Olomi(オーストラリア)
Lionel Pryce(オーストラリア)
PokeYuJie(シンガポール)
Mitch K(オーストラリア)
Ty Power(オーストラリア)

・ラテンアメリカ16人
JoseCarlos G. Marquez(ペルー)
Federico Andino(アルゼンチン)
Diego Loayza(ペルー)
afiragorexia(チリ)
AlfreDo J Prada D(コロンビア)
Fredy Vanegas(コロンビア)
BrazBR(ブラジル)
Javier Valdes(チリ)
Heriberto P(チリ)
Mateo Arias(コロンビア)
Henry Laura(ペルー)
LUVIER(メキシコ)
ReckonerX(メキシコ)
Felipe Méndez(チリ)
Jairo Saboyá(コロンビア)
Brenndan M(ペルー)

・ヨーロッパ44人
Glurak_xy(ドイツ)
Till B(ドイツ)
Amin Sulzer(ドイツ)
Dratini5(ドイツ)
Lee Provost(イギリス)
TheLolnub(オランダ)
Christian C(ドイツ)
Alberto Gini(イタリア)
Riccardo Rispoli(イタリア)
Barry Anderson(イギリス)
Thomas Schadinger(オーストリア)
Timo Koppetsch(ドイツ)
Marcel K(ドイツ)
Felix Rössler(オーストリア)
Sogeking8000(イギリス)
Guido M(イタリア)
Brandon Ikin(イギリス)
tirso buttafuoco(イタリア)
Kelly M(アイルランド)
William Tansley(イギリス)
Christoph Kugeler(ドイツ)
Luigi Lo Giudice(イタリア)
Pietro C(イタリア)
James Alfzono Romero Kean(イギリス)
Michelangelo Baudanza(イタリア)
Rachel Annand(イギリス)
Jeremy Mantingh(イギリス)
Brian Zourdani(イギリス)
Brint(スペイン)
Alexander K(オーストリア)
MrJellyLeggs(イギリス)
WhiteAfroKing92(イギリス)
luca lussignoli(イタリア)
Anilka(ドイツ)
Sven Kracht(ドイツ)
MegaPunchMew(イギリス)
Nemanja Sandic(ドイツ)
aniello iuliano(イタリア)
Michael R(ドイツ)
Yohan Pagonakis(フランス)
Pedro Lima(ポルトガル)
Mathias G(ドイツ)
Noah Fuchs(オーストリア)
Alejandro Gomez(スペイン)

・アメリカとカナダ32人
Demitrios Kaguras(アメリカ)
Paul Chua(アメリカ)
Mega_Missingno(アメリカ)
David Mancuso(アメリカ)
Alberto Lara(アメリカ)
James Ball(アメリカ)
Max Douglas(カナダ)
Conan Thompson(アメリカ)
Chase Lybbert(アメリカ)
Matthew Greaves(アメリカ)
Gavin Michaels(アメリカ)
Anthony Jimenez(アメリカ)
Aaron Liebersbach(アメリカ)
Andrew Burley(アメリカ)
Zach Droegkamp(アメリカ)
Colten Lybbert(アメリカ)
Justin Burns(アメリカ)
Bridger Snow(アメリカ)
Alec Rubin(アメリカ)
Riley Factura(アメリカ)
Gabby Snyder(アメリカ)
William Hall(アメリカ)
Ben Irons(アメリカ)
Alejandro Jimenez(アメリカ)
Cedric B(アメリカ)
Ashton C(アメリカ)
Len Deuel(アメリカ)
Thomas M(アメリカ)
Evan Bates(アメリカ)
Jamesspeed1(アメリカ)
Chance Alexander(アメリカ)
Jake Muller(アメリカ)

・南アフリカ2人
(恐らくSouth Africa Nats上位2人)

Day2参加者(日本代表の8人はこの日から参加)

・Asia Pacific2人
Theron Ho(シンガポール)
Philip Nguyen(オーストラリア)

・ラテンアメリカ2人
Juan Naar(コロンビア)
luis alberto rubio(コロンビア)

・ヨーロッパ16人
Baris A(ドイツ)
Markus Stadter(ドイツ)
Eugenio Discalzi(イタリア)
Francesco Pardini(イタリア)
Arash Ommati(イタリア)
Matteo Gini(イタリア)
Markus Stefan(ドイツ)
Miguel Marti de la Torre(スペイン)
Matthias S(ドイツ)
Tobias Koschitzki(ドイツ)
Jamie Miller(イギリス)
Lajos Kowalewski(ドイツ)
Luca B(ドイツ)
Adrian B(ドイツ)
Florian Wurdack(ドイツ)
Dominic Scheffler(ドイツ)

・アメリカとカナダ8人
Wolfe Glick(アメリカ)
Aaron Zheng(アメリカ)
Toler Webb(アメリカ)
Raphael B(カナダ)
Blake Hopper(アメリカ)
Collin Heier(アメリカ)
Angel Miranda(アメリカ)
Hayden McTavish(アメリカ)

・韓国4人
Dugi Kim
Doyeon Lee
Suheon Kim
Jungkyu Choi

(韓国は上位2人がTA)
参照http://pokemonkorea.co.kr/?inc=2015wcs-sub_07_game
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 

韓国代表決定戦 2015.5.3 Sun 開催
マスターの部優勝者の@ko_Maliさんのレポート/構築記事
http://m.blog.naver.com/ahnmor_i/220349194728
http://m.blog.naver.com/ahnmor_i/220349194728

決勝戦動画
https://www.youtube.com/embed/Ao_9lPVHnww

使用構築
リザードン クレセリア サザンドラ 霊獣ランドロス ヒードラン ライチュウ

ヨーロッパ予選抜け構築まとめ予定記事
http://nuggetbridge.com/forums/topic/16206-european-national-masters-top-cut-teams/

ヨーロッパの代表決定戦予選抜け構築リスト記事
http://nuggetbridge.com/articles/teams-vgc-15-european-national-championships/

ドイツ代表決定戦 2015年5月16,17日

上位8人の構築 海外公式サイトから
http://www.pokemon.com/us/play-pokemon/worlds/2015/teams/germany/

上位8人の構築
http://event.amigo-spiele.de/2015/05/17/and-the-winner-of-the-vcg-masters-championship-is-incl-top-8-team-lists/

決勝戦のTwitch録画
http://www.twitch.tv/amigoevent/v/5135169

予選抜け構築まとめのスプレッドシート
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1U3-R8UgDhSzc_lfaq66CU1T8JIpNCLvOPcKKxzjpF20/edit#gid=0

優勝 Markus Stefan
メガフシギバナ メガリザードンY ズルズキン ウォッシュロトム 霊獣ランドロス ヒードラン

2位 Tobias Koschitzki
メガメタグロス ブルンゲル サザンドラ テラキオン 霊獣ランドロス 化身ボルトロス


イギリス代表決定戦 2015年5月30,31日

結果
https://www.youtube.com/watch?v=MFhdZIb0yJ0&feature=youtu.be

http://t.co/DcET5WceY7

予選抜け構築まとめ
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1U3-R8UgDhSzc_lfaq66CU1T8JIpNCLvOPcKKxzjpF20/edit#gid=226185674

決勝戦YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=Kvk90agNa1s

優勝 Markus Stadter (2014年のドイツチャンプ)
ギルガルド ニンフィア ヒートロトム ガルーラ ゲンガー 霊獣ランドロス

メモ:ニンフィアの持ち物は防塵ゴーグル

準優勝 Arash Omatti (2013年の世界チャンプ)
バンギラス ドリュウズ ボーマンダ マリルリ ギルガルド モロバレル

オーストラリア代表決定戦 2015年6月7,8日

予選抜け構築と動画まとめ記事
http://nuggetbridge.com/articles/teams-battle-video-vgc-15-australia-national-championships/

決勝戦録画
http://www.twitch.tv/dyoshiitv/v/5941858

優勝 Matthew R (Australia)
モロバレル ギルガルド ボーマンダ ドリュウズ ウォッシュロトム バンギラス

メモ
いわゆるJapan Sandに似たバンドリマンダ
ウォッシュロトムは準速キリキザンより速い調整

準優勝 Theron H (Singapore)
化身ボルトロス ゲンガー キリキザン テラキオン ??? ???

持ち物は順に、オボンの実、ゲンガナイト、命の珠、気合の襷

・イタリア代表決定戦 2015年6月13,14日

上位8人の構築 海外公式サイトより
http://www.pokemon.com/us/play-pokemon/worlds/2015/teams/italy/

決勝戦YouTube動画https://www.youtube.com/watch?v=VpX2WGa_gFY

予選抜けプレイヤーと構築の一覧
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1U3-R8UgDhSzc_lfaq66CU1T8JIpNCLvOPcKKxzjpF20/edit#gid=600457511

優勝 Francesco Pardini (Alexis)
メガガルーラ ローブシン ヒードラン キリキザン 霊獣ランドロス 化身ボルトロス

準優勝 Dominic Scheffler(TheFlashColonel)
メガガルーラ カラマネロ ギルガルド ブルンゲル 霊獣ランドロス ニンフィア

・南アフリカ全国大会

上位8人の構築記事リンク
http://purefoolsgold.blogspot.jp/2015/06/results-from-south-african-nationals.html#more

優勝 Johannes Botma
ガルーラ ウォッシュロトム クレセリア ニンフィア ローブシン ヒードラン

準優勝 Kevin Lopes
ガルーラ ウォッシュロトム キリキザン ウインディ メガフシギバナ スイクン

シンガポール全国大会 2015年6月27,28日
動画
http://www.twitch.tv/themirageisland/profile/past_broadcasts

決勝戦動画
https://www.youtube.com/watch?v=Kt_bBgWWrtc&index=9&list=PL4yDZfgg0rsjxKUnFBpeKyo7Q5E-NEYYu

優勝 Zarif Ayman
ガルーラ 霊獣ランドロス スイクン キノガッサ ヒードラン ニンフィア

準優勝 Zulherryka Yusof
リザードン ヒードラン 霊獣ランドロス クレセリア キノガッサ 化身ボルトロス

アメリカ全国大会 2015年7月3,4,5日

上位8人の構築
http://www.pokemon.com/us/play-pokemon/nationals/2015/teams/masters/

Day2進出者の構築
http://www.pokemon.com/us/play-pokemon/nationals/2015/teams/day2-masters/

動画
http://www.twitch.tv/pokemon/profile/past_broadcasts

優勝 Toler Webb
霊獣ランドロス モロバレル ニョロトノ ギルガルド 化身ボルトロス サーナイト

準優勝 Raphael Bagara
サーナイト モロバレル ヒードラン ズルズキン 霊獣ランドロス 化身ボルトロス

随時更新してます
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 

2015年5月21日現在の動画制作環境

個人のメモとしての記事ですが、これから動画活動を始める方の参考になる部分があれば幸いです

ツールやソフトなど

・偽トロキャプチャー(3DSキャプチャー)
私はけいてぃさんの所で購入しました。(http://cart05.lolipop.jp/LA04663495/
YouTube割引やニコニコ生主割引があるので、すでにある程度活動されている方は少し安く購入することができます。

・おにぎりキャプチャー

正式名称はRapture。偽トロで映している画面から相手のパーティをメモする時なんかに
http://www.geocities.jp/knystd/rapture.html

・OBS: Open Broadcaster Software
Twitchの生放送配信に使われるツールですが、動画撮影用にも使えます。海外ポケモンプレイヤーのVGCの動画はこれを使ったものが多い。
https://obsproject.com/

・Snipping Tool
Windows標準装備になっていると思いますが、とにかくシーンの切り取りに便利。動画のサムネイル作成なんかにも

・Skitch
画像編集ツール。簡単な編集作業に

・マイク
現在はソニーのコンデンサーマイクを使用。

動画制作例として
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。