上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 

火炎玉トリッククレセリアが話題になっていたようなので考察してみる

この型はサイコシフト採用も可能であり、4thGSルールでもRay Rizzoが使用していたので比較的構築に依存せず、採用できる型である

相手と持ち物を交換する技としては、すりかえ、トリックの二種類があるがすりかえはあまり一般的でなく、そもそも実戦レベルで採用しうるのがエルフーンやエテボースくらいであるため、ここではトリックの考察に絞ることにする

トリックの使い手としてはゴーストやエスパータイプが多い。

遅いポケモンは先に身代わり貼られたり、眠らされたりするためある程度のSは必要である。

そこでいくつか候補を絞ると、ゲンガー、トゲキッス、ムウマージ、フワライド、ゴチルゼル、ブルンゲル、クレセリア、UMA、ロトム(特にヒートロトム)となった。(補助技がメインのポケモンは構成が割れやすいため、ここでは割愛した)

この中でヒートロトムはターン経過しても持ち物が割れないという点は重要であり、これは毒々玉メタグロスのトリックに似ている。

低命中率の鬼火と比較すると火炎玉トリックは命中安定であるものの、ターン経過により持ち物が割れること、またトリックしたターン終了時まで火傷状態にならない点に留意が必要である。

そのため、トリックするターンは攻撃を受ける可能性を考慮すると耐久が必要であり、この点で安定するのはクレセリアとユクシー、エムリット、トゲキッスである。

先程の選考から漏れたゴーストタイプのポケモンは初手猫騙しを受けずにトリックできる点は評価しておきたい
(滅びパに組み込める可能性もある)

火炎玉トリックで重要なのは、持ち物を割らせずにトリックを成功させる点であり、守るで様子見されると一転こちらが不利になりがちである。

そのため、相手に一見攻撃する方が有利に見えるように選出し、トリックを決めるのがコツなのかもしれない。
サイコシフト採用であれば、安定して相手を火傷にできるものの、マジックガードシンボラーやフーディン等を除き、自身も火傷スリップダメージを受ける点、また技スペをひとつ割いている点は悩ましいことでもある。
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事
スポンサーサイト
2013.03.29 Latios and Latias

ラティオス 80-90-80-130-110-110

ダブルバトルにおけるラティオスの型は様々であるが、ドラゴンジュエル、拘り眼鏡、拘りスカーフ、襷がこれまではほとんどであった印象だが、最近は壁張り型がそこそこあるようである。

一致最高火力の流星群のみを攻撃技とし、持ち物はドラゴンジュエルor光の粘土

この型の利点としては上からの高火力+速い壁張りである。
通常は拘り眼鏡持ちでない限りは流星群を居座って二度打つことはできず、流星群を一度打ちCが2段階下がった状態で取る行動は、守るor交代がほとんどである。

壁張りラティオスの場合はこの二択にさらに居座って壁張りという択をプラスし、三択の行動ができると認識することができる(相手に壁張り型と認識されていない場合は見かけ上二択であるが、実際は三択ということにこの型のメリットを感じる)

一方で似た種族値でほぼ同じ仕事ができるラティアス80-80-90-110-130-110との比較を考察してみる

ラティアスは弱点ドラゴン技を半減する木の実であるハバンの実を持たせることでほぼ確実に壁張りをこなすことができる(相手の攻撃により落とされない、という点で)
ラティアスは攻撃に特化してアタッカーとしての型は少なく、補助技を使う型の方が現状メジャーであるため、化身ボルトロスなどの挑発を受ける機会がラティオスよりは多いと考えられる。

ラティオスの考察に戻る
S178という実数値は非常に速いが、上にいるマニューラやスカーフドラゴンなどを考慮すると先に壁張りをするという役割をこなせない可能性がある。
そのため、自身の構築でS判断できる素早いポケモンやスカーフ持ちがいない場合はS順が不確定なまま、行動選択する必要に迫られる。
もちろん、見せ合い、選出、持ち物、相手の思考などをかなり読める自身があるのであれば問題ないのだが、そうでない場合は難しく、かなり高度な読み合いを必要とするポケモンであると認識できる。

(もちろん、通常の型のラティオスの場合でもS順の判断は非常に重要だが、壁張り型ではより多く行動回数を稼ぐ必要があると判断してこのような考察となった)

追記として
ラティ兄弟が使える補助技として手助け、神秘の守り、電磁波、日本晴れなどもあり、構築の際には考慮に入れておきたい
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事
2013.03.27 海外WCS2013予選

セレビィネットより引用
「In The Games Department
Pokémon VGC Dates

For those of you in Europe, the dates of the upcoming VGC Nationals are revealed. At the moment, only three European dates have been set running from the start of May to the start of June. As always, these run in the standard rules which have been in the International Challenge WiFi Competitions. The dates are as follows
Italy VG National Championships - Mediolanum Forum, Milan, Italy
May 11th – 12th, 2013
Germany VG National Championships - RuhrCongress Bochum, Bochum, Germany
May 25th – 26th, 2013
UK VG National Championships - NEC, Birmingham, United Kingdom
June 1st – 2nd, 2013」

ヨーロッパは普段のダブルWiFi大会準拠の会場大会だが、比較的競技人口の多いスペインでは出場枠がない。
そのため、他の国の予選に参加し世界への切符を勝ち取る必要があるようだ
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事
2013.03.23 メロエッタ

海外ではメロエッタ配信中

Level50のプレシャスボール入り

http://www.serebii.net/index2.shtml
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事

18才以上限定のWiFi大会上位4人が招待

会場は幕張メッセ、4/27

詳細は公式サイトなどで
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事
2013.03.21 ただのメモ

明日からINC March開始

ポケセン名古屋限定配信のプレシャス色違いコイキングは配達員乱数消費23でズレなし

いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事
2013.03.20 配信情報メモ

今日からポケモンセンター名古屋が新しく移転して、オープン

プレシャス色違いの金コイキング配信開始

また全国のポケセンなどで先行配信されていた親マスダのデオキシスが改めて配信開始。
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事

フリーザー 雪隠れ
サンダー 避雷針
ファイヤー 炎の体
チコリータ系統 リーフガード
ヒノアラシ系統 貰い火
ワニノコ系統 ちからずく
ライコウ 蓄電
エンテイ 貰い火
スイクン 貯水
レジロック 頑丈
レジアイス アイスボディ
レジスチル ライトメタル
ツタージャ系統 天邪鬼
ポカブ系統 厚い脂肪(エンブオーでは捨て身となる)
ミジュマル系統 シェルアーマー
メラルバ系統 虫の知らせ

記載ミス、漏れあれば御指摘お願いします

3/28 追記 ヒトモシ系統 影踏み
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事
2013.03.19 公式大会関係

3月 INC
4月 INC ニコニコ超会議2招待のWiFi大会
5月 ジャパンカップ(WCS2013日本予選)
6月 コロコロカップ(WCS2013世界大会に招待されるもの。小学生以下限定)
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事

自分用の整理も兼ねてまとめてみる

・日差しが強い(晴れ)

炎タイプの技のダメージが1.5倍
水タイプの技のダメージが0.5倍
ウェザーボールは威力100の炎技になる
雷の命中率が50%に

フラワーギフトで、自分と味方のADが1.5倍

・雨

水タイプの技のダメージが1.5倍
炎タイプの技のダメージが0.5倍
ウェザーボールは威力100の水技になる
暴風、雷が必中に

・砂嵐

ウェザーボールは威力100の岩技になる
岩タイプのポケモンのDが1.5倍に

・霰

ウェザーボールは威力100の氷技になる
吹雪が必中に
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事

比較的便利な技で採用機会の多い蜻蛉返りについての考察

蜻蛉返りの仕様として、相手の脱出ボタンにより交換が無効化されることはシングルの脱出雨構築の流行により有名になりましたが、ダブルでは相手の影踏みロックから抜け出せる点も非常に重要です。対滅びパにおいては、相手の二連守る成功読みで、味方に蜻蛉返りを打ち脱出するプレイングはつのオフでのモルフさんにより有名となりました。

一番相性がいいのは、現時点では威嚇を回すことと相性のいい霊獣ランドロス89-145-90-105-80-91

似たような使い方ができるポケモンとしてムクホーク85-120-70-50-50-100がいる。
こちらの方がSが早いのだが、Dの低さ、砂のスリップダメージを受ける点、メイン物理技がブレイブバードやインファイトになることが多く、元々低い耐久がより脆くなる印象である。

大きな差別化としては、命懸けによって、一体をほぼ確実に落としにいくプレイングも可能ではあるが、ランドロスに比べてかなり尖った扱い方となる。

・威嚇とは関係なしに高いAから蜻蛉返りを使えるポケモン
トルネロス79-115-70-125-80-111
負けん気との相性がいい
ボルトロス79-115-70-125-80-111
これはオマケ程度だが、今後の可能性として物理ボルトロスを載せておく

コジョンド 65-125-60-95-60-105

ヒヒダルマ 105-140-55-30-55-95

アグノム 75-125-70-125-70-115
GSルールでも活躍していたこのポケモンの衰退は大爆発の弱体化の影響が大きい

基本的には、Sが速いポケモンで蜻蛉返りするか、スカーフ運用となる

・ややオマケ気味だが、性格が下降補正or Aが低めだが蜻蛉の可能性を考察してみたポケモン

ウルガモス 85-60-65-135-105-100
相手にこちらから接触しても火傷させられる仕様ならよかったのだが。
(スカーフウルガモスに蜻蛉返り入れるくらいなら特殊技のウエポンを増やした方が現実的である)

サザンドラ 92-105-90-125-90-98
Cが高いのだが、A105という種族値を使わない(使えない)のは、宝の持ち腐れ感がある。時々役割破壊の物理岩技採用検討するものの、大抵すぐに没となる

アギルダー 80-70-40-100-60-145
命懸けくらいしかやることがない

ファイヤー 90-100-90-125-85-90
サザンドラ同様
A100を利用する機会がない

フリーザー 90-85-100-95-125-85
暴風と吹雪の霙パが賢明か

テッカニン 61-90-45-50-50-160
タイプ一致で使える。加速をバトンして有効な構築とは(鈍足で超高火力のポケモンとなると自爆カビゴン等だが)
バトンタッチをフワライド構築以外で活かすのは容易ではない

シビルドン 85-115-80-105-80-50
ややAの方が高い。威嚇が気になるところではある。
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事

公開するのが多少遅い感はありますが、今は勝てない構築でしょうから公開

第4回ハオ海賊団運動会優勝及び、全国ダブル日韓戦でも使用した電磁波霰構築です

78d1f348db793937ace72b4b7c93bfa7.png

ランドロス意地っ張り@スカーフ 地震、岩雪崩、蜻蛉、馬鹿力
164-216(252)-111(4)-112-100-143(252)

サンダ―穏やか@オボン 10万、電磁波、熱風、羽休め
191(204)-X-112(52)-145-156(252)-120

ユキノオー冷静@気合いの襷 氷の礫、ギガドレイン、吹雪、守る
197(252)-112-95-158(252)-106(4)-58

ヒードラン図太い@食べ残し 熱風、大地、身代わり、守る
193(212)-X-173(252)-150-132(44)-97

スイクン控え目@水ジュエル 吹雪、ドロポン、バークアウト、守る
207(252)-X-135-156(252)-136(4)-105

クレセリア穏やか@ラム 冷凍B、サイコショック、眠る、電磁波
223(220)-X-153(100)-96(4)-188(164)-108(20)

・以下、構築解説
電磁波で相手の動きを封じ(麻痺すると25%で行動不能なので命中100の技ですら、命中75とほぼ同意、の観点は私も好きです)、また電磁波が通らない相手には吹雪が刺さる、というのが基本コンセプト

電磁波播きのSが低いのは、この当時の環境で神秘使いが少なかったこと、身代りグドラやヒードランがあまりいなかったため。そのおかげで、耐久値に多くの努力値を割くことができ、勝率が安定していました。

サンダ―は穏やか耐久振りにすることで、特殊ドラゴンの流星群を確定耐えして電磁波を播くことが可能。穏やかボルトロスとの差別化としては、熱風、はねやすめ、プレッシャーでのS判断、ヒードランの身代守と合わせたPP枯らし性能が優秀です。

ヒードランは臆病ではないので、身代りには不向きかと思われがちですが、電磁波を絡めることで安定します。
図太いHB振り(Hは16n+1)にすることで、慎重カポエラーのジュエルインファイト確定耐え、威嚇を入れることで意地っ張りのそれも耐えます。一般的なバンギラスの手助け桁繰りも威嚇なしで耐えます。

図太い採用したのは、特殊技より物理技で弱点付かれることが多く、特殊一致弱点はどのみち耐えないこと、またD方面はスイクンのバークアウトでごまかせる、というのもあります

スイクンに関して

バークアウトの使い手として、柚樹さんのバークアウトライコウやよしこりおさんのスカーフバークアウトウィンディに見られるように、Sの速さは非常に重要です。(特に特殊ドラゴンに先制バークアウトを打つ場合など)
スイクンは耐久種族値は非常に優秀なものの、Sの低さゆえに、上から高火力で押されがちです。

そこで、電磁波軸を組み込むことで、霊獣ボルトロスを除くほぼすべてのポケモンに対して、上からバークアウトを打つことが可能になり、スイクンの耐久がより際立ちました

ユキノオーの性格が冷静なのは、氷の礫の火力を落としたくなかった点(ココドラ対策にも)、S0なのは鉄球以外のスイッチ砂パのバンギラスにトリル下で先制できるようにするためです。

この構築の弱点としては、神秘を先に貼られると苦しい点、相手のトリトドン、ヒードランが重くなりがちな点です。

改良して使っていただけるとうれしいです。



第4回ハオ海賊団運動会結果
http://d.hatena.ne.jp/R_justice/20130108/1357645684

覚えている限りで対戦ログなど

・Eブロック決勝で風流さんと対戦
風流さんの使用構築はAaronパ
全く同じ構築で数日前にダブルレートで風流さんに当たっていたので、およそ構築は理解していたが、こちらの使用構築もスイクンの位置がラッキー、サンダ―の電磁波スペースが放電だっただけで、ほぼ同じであり、立ち回りも読まれ苦しかったが、相手のバンギラスをヒードランの大地の力急所で突破したことで活路が見えた

ヒードラン一体でクレセリア、カポエラー、バンギラスを突破して勝ち
なお、相手のカポエラーのインファイトがPP5であったことも勝因のひとつ

・Dブロック優勝者のゆういちさんとの対戦
確か、ラティランドクレセバンギ、ローブシン、シュバルゴでした
スイクンのジュエルドロポンがなかなか効果的でした

最後はスカーフで拘ったランドロスが巻き込み地震選択が命中も考慮すると安定択でしたが、岩雪崩選択。ヒードランがローブシンのマッハパンチを耐えたこともあり、勝利

・がんてつさんとの決勝戦【決勝戦BV】19-79576-64369

相手の方の後日談を見ると、こちらの構築をスイッチトリパと見ていたようで、電磁波が効果的に決まる
やや思考停止気味に相手のローブシンにも電磁波を打ったが、特性は根性だったらしい

最後は電磁波+岩雪崩怯み+身代りドランで勝利

・全国ダブル日韓戦
http://d.hatena.ne.jp/R_justice/20130120/1358688892

VS Mr. Seung soo jang

【ラティオス テラキオン ナットレイ カポエラー ウルガモス トリトドン】

・第一試合
相手の初手はカポエラーウルガモス、こちらはスイクンランドロス

岩雪崩外しと、スイクンが安易にドロポン打ったのはややまずいプレイングでした。
カポエラーがトリトドンにチェンジ、ウルガモスに蝶舞詰まれやや不利に。

次のターン、ウルガモスのさざめきでスイクンのDが下がり、なおさら厳しく。
マッチ戦ということもあり、その後の試合を有利にするため、ワンチャン勝ち筋を考えつつなるべくこちらの技を見せないプレイングを意識しました。

・第二試合
クレセリアの眠るが最も効果的に決まった試合

・第三試合
相手の初手はカポエラ―、ウルガモス。こちらはクレセリア、スイクン
相手のウルガモスの位置にトリトドンが来ると読んで、カポエラーの位置にクレセリアの電磁波。
第二戦で出てきたテラキオンは刺さりにくいので、裏にはいないと考え、スイクンはバークアウトを選択。ウルガモスに居座られても、火力を削ぐことができる。

電磁波がラティオスに刺さり、バークアウトが効果的に決まり勝利

かなり癖がある構築だと思いますが、この時は非常に安定していました。
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事

面倒なので、数値や技だけ

クレセリア 控えめ 達人の帯
凍える風/ サイコショック/ めざ炎/ 日本晴れ
196-X-141-138-151-136

ボルトロス 穏やか オボンの実
電磁波/ 威張る/ めざ氷/ 十万ボルト
186-X-90-146-145-131

ランドロス(霊獣) 意地っ張り 拘りスカーフ
地震/ 岩雪崩/ ストーンエッジ/ 蜻蛉返り
164-216-112-100-143

モロバレル 生意気 黒いヘドロ
キノコの胞子/ 怒りの粉/ ギガドレイン/守る
221-X-101-105-134-31

ヒードラン 図太い 食べ残し
大地の力/ 熱風/ 身代り/ 守る
193-X-173-150-132-97

カポエラー 意地っ張り 悪ジュエル
ワイドガード/インファイト/猫騙し/ 不意打ち
157-162-115-49-130-90

優勝できました!!!
やったね( ◠‿◠ )うーむ

いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事

ケルディオ 某マンダさん

ラティオス セシルさん

クレセリア キャリアーさん

ヒードラン ナコさん

皆さん、ご応募ありがとうございました。

今回はブログ訪問25,000人記念企画でしたが、また50,000人越える際にも企画させていただく予定です。

それでは
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。