・簡単なXYダブルレート環境考察(私自身の対戦数がやや不足している部分があるため、見聞きした情報を加味して考察するが偏っているかもしれない)

XYダブルレート一期最初期環境

・スタン系
様々なメガシンカポケモンが試される中最初に上位陣で共通して使用されたのはメガガルーラ
特性親子愛により攻撃回数が2回、ダメージが1.5倍となる。
この特性の恩恵は新しいマシン技であるグロウパンチによる攻撃二段階上昇、気合の襷を貫通して倒せる点が注目される。グロウパンチの御蔭で鬼火を受けても強引に殴り倒すプレイングも可能。
ただし、ガルーラミラーや抜き性能を考えるとガルーラは陽気AS振りが最メジャーであり、ガルーラ単体ではノーマルタイプということもあり脅威とはならないため、これを補佐するポケモンを配置する。
それが、ロトム(鬼火や壁貼り)、トゲキッス(この指止まれ)、威嚇ポケモン等である。
ガルーラが猫騙しを使えることもあり、相手の脅威となるポケモンを止めながら鬼火や壁貼り、威嚇を入れることで機能停止させることが可能。

現在のロトムやトゲキッスはSが遅め
ドラゴン技ではフェアリーに止められることもあり、物理で相手を押し切る構築が多い。
それを鑑み、鬼火、威嚇ポケモンや悪戯心ニャオニクス(役割上性格は図太いが採用されることもある)の甘える等が刺さる。
ロトムのSが遅いならASメタグロスの鉢巻orノーマルジュエル大爆発は上手く決まるかもしれない。

・トリックルームPT

霰トリパ
BW2と大きな違いはない
ユキノオー、シャンデラ、ドサイドン、カポエラー等から成る。クレセリアが使えないが、ムシャーナやシャンデラ、ヤドキング等からトリックルームを展開
従来のAC珠ユキノオーがメガユキノオーになっていたりする。

雨スイッチトリパ
トリル要員はオーロット(お見通し、収穫どちらも強い)やパンプジン
ライコウやボルトロスがいない環境だが、メガライボルトに注目
ライボルトは通常特性避雷針で味方の水ポケモンを守りつつ、メガシンカ後の特性威嚇で相手の物理ポケモンを弱体化。
ボルトチェンジで威嚇を撒きつつ、トリックルーム展開にスイッチできる、オーバーヒートで相手の草or鋼ポケモンを焼ける、めざめるパワー氷があればドラゴンも相手にできる、等の点が評価できる。
メガシンカ前S105、メガシンカ後S135の速さ、ガブリアスを抜ける点が強い

砂スイッチトリパ
勇敢バンギラス、勇敢威嚇クチート(メガシンカ)、トリル要員等から成る
詳細は遭遇数が少ないので不明な点が多い

全体として高レートを目指すのであれば、鬼火(主にロトム)、電磁波威張る(悪戯心クレッフィやニャオニクス♂)が相手から飛んで来ることがしばしばあるので、神秘の守りの採用は多いに検討。
威張るがあれば味方の物理ポケモン強化のコンボにも使える。



いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事
スポンサーサイト

特性お見通しに関する考察。
BW2までの特性お見通しは相手のポケモン一体の持ち物しか知ることができなかったが、登場時に相手の場にいる全てのポケモンの持ち物がわかるようになった。

・オンバーン 飛行/ドラゴン
85-70-80-97-80-123
この特性を持つポケモンとして第一に注目されたポケモンはオンバーンである。
S種族値123で臆病最速での実数値は192である。
特攻種族値が低いため、ドラゴンジュエル未発見の現在では持ち物はほぼ命の珠か拘り眼鏡の二択である。
流星群と炎技(サザンドラやボーマンダは火炎放射と大文字どちらも覚えるので命中率や持ち物との兼ね合いになるが、オンバーンは大文字を覚えないため火炎放射一択)を確定技とし、命の珠の場合は守るがほぼ確定、残り一枠に怒りの前歯や爆音波、エアスラッシュ等が入る。爆音波はノーマルタイプの威力140で反動なし、という強力な技だが、味方を含めた全体攻撃であること、使い手が限られることがネックである。
怒りの前歯は流星群を打って場に居座っても相手を削ることができる点が評価できる。

お見通しという特性により相手のドラゴンがスカーフや襷の場合は上手く交わして逃げることもできる。
持ち物が拘り眼鏡の場合は空いた一枠にと 蜻蛉返りが入るだろうか。初手で隣にトリックルーム要員を置いておけば、BW2での初手霊獣ランドロス、クレセリアの並びのようなスイッチトリックルーム展開もできる並びに似せることもできる。隣のトリックルーム要員がゴーストタイプの場合は味方を気にせず爆音波を使える。

・オーロット 草/ゴースト
85-110-76-65-82-56

XYでの新たなトリックルーム要員となりそうなポケモン。後述するパンプジン特大サイズよりA種族値が高い
隠れ特性で収穫があり、そこそこの耐久を活かしたオボンの実収穫型がメジャーになるかもしれない。草タイプなので粉系の技を受けず、ゴーストタイプなので猫騙しによる妨害も受けない。雨PTに強く出れるトリル要員と言えそう。(クレセリアと異なり虫技で抜群を取られることもない)
固有の技「もりののろい」は相手に草タイプを追加する技なので、隠れ特性「はやてのつばさ」のファイアローやトリル下での吹雪を使えるポケモン、遅いドラゴンであるドラミドロ(毒/ドラゴンタイプで種族値は65-75-90-97-123-44)等が相方として良いかもしれない。
物理技は割と豊富に覚えるので、相手に応じて採用する技は変わるが、タイプ一致のウッドハンマー(orウッドホーン)、ゴーストダイブ、炎タイプや飛行タイプへの打点となる岩雪崩の優先度は高そう。

・パンプジン 草/ゴースト

特大サイズ種族値
85-100-122-58-75-54
バケッチャからの進化条件は通信交換 隠れ特性は不眠
物理技としてゴーストダイブ(威力90)や大爆発を覚える
タイプ耐性はオーロットに同じ。4種類のサイズでそれぞれ種族値が異なるが、BCD種族値が固定でHAS種族値が変動する。耐久は特大サイズが最も高く、素早さは特大サイズが最も遅い。

パンプジンは初見で炎タイプを含むと勘違いした方が多いようだが、実際は草/ゴーストタイプ
しかし、通常覚えられなさそうな炎技である火炎放射や大文字を覚える。またXYで威力60に上がった炎技焼き尽くすで相手の持ち物を消費させて鬼火などの変化技を通すこともできる。パンプジンとオーロットはどちらも宿り木や鬼火等の変化技を覚える。
固有の技「ハロウィン」は相手にゴーストタイプを追加するので、相手の悪技やゴースト技の通りが良くなるので、もしくは味方のバンギラスに打てば格闘弱点が消えるので、勇敢バンギラスと相性が良いかもしれない。

注: もりののろい、や、ハロウィンはタイプを追加する技なので、複合タイプのポケモンに打てば、3タイプ混合タイプとなることがある。

・サマヨール、ヨノワール
新しく特性お見通しを手に入れたが、覚える技には変化がなさそうなので割愛。鬼火の命中率UPは主な使い手であるゴーストタイプには追い風であろう。

・XYでの特性威嚇に関して
現状では、流星群やハイドロポンプ、大文字等の高火力特殊技の威力が変更により下がり、またメガシンカポケモンは物理中心であること、ノーマルジュエル以外のジュエルが見つかっていないので、特性威嚇は良く刺さり、PTでの威嚇枠の需要は高そうである。メタとなる特性負けん気のポケモンは現状キリキザンしかいない。(現在の威嚇枠筆頭としてはギャラドス、クチートあたりか?)
ただし、特性かちき(能力が下がるとCが二段階上昇する負けん気の特殊版のような特性)ポケモン数の推移や、新しい解禁ポケモン、特性により使い勝手が変わるかもしれない。


いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事

PO: Pokemon Onlineに代わりメジャーとなってきたshowdown
実際にプレイするにはこちら
http://pokemonshowdown.com

手順としてはPOと同様Teambuilderでパーティーを作成、登録してからOnlineで対戦する、というもの。
設定の際は実数値確認がレベル100でしかできないようなので注意したい。
孵化及び育成の手間が要らず、所持していない限定入手ポケモンでも対戦に使用できる点、ダブルのVGCサーバーには各国のトッププレイヤーもいる点が評価できる。チャットルームでは対戦やXY情報等が議論されている。
Onlineでランダム対戦することもできるし、チャットルーム等で待ち合わせて特定の相手と対戦することもできる。
Onlineでは勝敗毎にレーティングが計算される(相手が切断したり降参すればこちらの勝ちとなる)
ハンドルネームは日本人の方は所謂偽名が多いと思われるが、海外のプレイヤーはお互いに誰だか判別しやすいよう、twitterやnuggetbridgeでのハンドルネームと同じもの、類推しやすいものにしていることが多いようだ。

おそらくPOのようなDLは必要ないようなので、PCではなくスマホや各種携帯端末でも扱い易いように感じた。動作はPCの方がより滑らかであると思われるが。

showdownのpokedexには何故か存在しないポケモンが図鑑ナンバーのマイナスで登録されている
マラコンダ

実際の対戦はこんな感じですよ、という意味でのバトルビデオ
http://pokemonshowdown.com/replay/doublesvgc2013-54971503

Teambuilderでパーティー作成、Look for a battleでランダム対戦開始(レーティングモード)
この画面のLadderをクリック(タップ)して開くとレーティングのランキング画面が表示され、上位者や自分のランキングを確認することができる。
201310062116585ec.jpg

対戦前の見せ合い画面
20131006212058dc8.jpg

実際の対戦中の画面
ここでは携帯端末でshowdownをプレイしているため、テキストが画面と重なり読みにくいが、PC操作する場合は別枠で表示される。素早さを見抜くための特性の発動順などは(英語を読めるのであれば)見逃してもテキストで確認してから行動選択することができる
20131006212101fe8.jpg

特定の相手に対戦を申し込むには、chatroomで相手のHNをクリック(タップ)すると選択肢にchallenge(挑戦する)が出るので、これを選べば良い。相手がacceptすれば対戦開始となる。

・pokemonshowdownにおけるレーティング計算について
PGL: Pokemon Global Linkで行われていたレーティングでは比較的単純な計算式で算出できたようだが、showdownにおいてはGlicko rating systemという統計の手法が用いられており、いわゆるレートの数値に相当するものがACREである。これはAdvanced Conservative Rating Estimatesの頭文字から取ったもの。
参照
http://www.smogon.com/forums/threads/everything-you-ever-wanted-to-know-about-ratings.3487422/

PGLでの計算式(推定のものではあるが)
AのレートをA BのレートをBとすると

Aが勝った場合のそれぞれの変動値
16+(B-A)*0.04

Bが勝った場合のそれぞれの変動値
16+(A-B)*0.04

小数点以下は切捨て

すかーさんのブログより引用
http://deiraitosukaa.blog120.fc2.com/blog-entry-107.html



いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事