ビリジオン PGL


北米公式大会の上位入賞者の構築一覧とKPに関する記事
http://nuggetbridge.com/news/teams-vgc-2015-winter-regionals-week-1/

全体でのKP(被りポイント)は同じ三闘のテラキオンの16に比べてビリジオンは4と少ないですが、構築の隙間を埋める貴重な役割を担いうるポケモンだと思います。

実際の使用例としては先日、生放送が行われたSt.Louis RegionalsでJonathan Rankin (JRank)さんが使用し、5位に入賞しています。
http://jrankrambles.blogspot.jp/2015/02/2015-st-louis-vgc-regional-5th-place.html?m=1

以下、ポケモン対戦考察wikiより引用(普段はほとんど参照しませんが、上手くビリジオンの立ち位置を言い表している表現だったので引用させていただきます)

聖剣士 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ビリジオン 91 90 72 90 129 108

テラキオン 91 129 90 72 90 108



準伝説ポケモンで唯一の草タイプだが、ねむりごなややどりきのたねといった草タイプ特有の補助技は一切覚えない、ゴリ押しタイプのポケモン。
同タイプのキノガッサ、ブリガロンと比べると特殊耐久と素早さに優れ、
その2匹同様に地面+岩を半減できるタイプであることが特徴。
弱点が多く、攻撃力もそこまで高くないが、草と格闘を両立して上から殴れる点が貴重で、環境や仮想敵によってはメタとして良い働きをする。

ばつぐん(4倍) ひこう
ばつぐん(2倍) ほのお/こおり/どく/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2) みず/でんき/くさ/じめん/いわ/あく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---


JRankさんの記事にも出ている表現ですが、現在のORASダブル環境でのビリジオンを、いかにも強そうに表現するとすれば、
ファイアローには弱いが、現在のメタゲームの中心となっているガルーラ、キリキザン、スイクン、ヒードラン、水ロトムを上からタイプ一致の攻撃で弱点を突いて攻撃することができる

公式PGLのデータによると、テラキオンの持ち物がラムの実中心となっている一方で、攻撃種族値が90しかないビリジオンは、火力強化アイテムである命の珠が使用率1位のようです(2位は達人の帯)

実際にJRankさんも持ち物命の珠でビリジオンを使用しています。

技構成はタイプ一致のリーフブレード、インファイト、守るが確定で残り一枠にストーンエッジや挑発を入れたり

防御種族値ではビリジオンはテラキオンに劣りますが、先制技のバレットパンチ、マッハパンチで弱点を突かれない点が個人的に注目する点です。

上からビリジオンの弱点を突いてくるポケモンで気になりそうなのは、ファイアロー、メガボーマンダ、メガゲンガーあたりなので、このあたりのケアをしっかりできれば面白い活躍ができそうな印象です。

ちょうど最近レート1900代でビリジオンを使っていた海外勢の方とマッチングしたので、こちらも参考になれば幸いです
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事
スポンサーサイト

以前書かせて頂いた五年分の世界大会優勝・準優勝者の構築記事を参考に
http://poketaroimo.blog.fc2.com/blog-entry-269.html
(実際にここで参照するのは2012年優勝者のRay Rizzoさん、2013年優勝者のArash Ommatiさん、2014年優勝者のSejun Parkさんの構築です)
またこの記事を書くのにあたって公式PGLのデータも参照させていただきました

過去のレギュレーションを御存知でない方のために
2012年、2013年は全国ダブル 2014年はカロスダブルです

構築をパーツパーツで分けて分析した際にその要素が含まれるかどうか、また備考などを箇条書きで書いてきます
(必ずしも構築に必要ではない要素が含まれるかもしれませんが、便宜的に分類させて頂きました)

2015年はPGLデータを踏まえつつの個人的予想です

PGLダブル分析


・素早さ操作の技(ここでは電磁波、凍える風、追い風、トリックルーム等のこととする)
2012年 トリックルーム(クレセリア)

2013年 なし(ただし、モロバレルとトルネロスの蜻蛉返りで柔軟に対応できる構築)

2014年 ほっぺすりすり(パチリス)、電磁波(ゴチルゼル)

2015年 追い風(ファイアロー)、凍える風(ゲンガー)、電磁波(ボルトロス)

・特性:威嚇を持つポケモン
2012年 なし(ただし、平均種族値がかなり高い構築)

2013年 なし(準優勝者のげべぼさんは霊獣ランドロスを使用)

2014年 ギャラドス

2015年 霊獣ランドロス、ボーマンダ

・特性:負けん気を持つポケモン
2012年 なし

2013年 トルネロス(飛行ジュエル廃止と負けん気廃止でORAS全国ダブルでは絶滅)

2014年 なし(ただし、構築前身のSejunパには命の珠キリキザンがいた)

2015年 キリキザン(勝ち気ミロカロスもメモ)

・挑発持ち(相手の変化技を封じる)
2012年 なし(準優勝者のWolfeさんのボルトロスは挑発持ち)

2013年 なし(電磁波を撒いてくるボルトロスはスカーフマンムーで処理でき、モロバレルには保険のラムの実)

2014年 ファイアロー

2015年 ファイアロー、ゲンガー、ボルトロス

・ドラゴンタイプのポケモン
2012年 サザンドラ、ガブリアス

2013年 ラティオス

2014年 ガブリアス

2015年 ボーマンダ、ガブリアス

・天候変化に関する特性・技
2012年 バンギラス(砂起こし) (準優勝のWolfeさんはクレセリアに日本晴れ)

2013年 ラティオス(日本晴れ)

2014年 なし

2015年 バンギラス(砂起こし)、メガリザードンY(日照り)、ユキノオー(雪降らし)、ニョロトノ(雨降らし)、その他手動天候変化

・先制技持ち
2012年 なし

2013年 マッハパンチ(ローブシン)

2014年 ブレイブバード(ファイアロー)

2015年 不意打ち(メガガルーラ、キリキザン)、ブレイブバード(ファイアロー)、マッハパンチ(ローブシン)、氷の礫(マニューら、マンムー)

・この指系統の技を吸う技(この指とまれ、怒りの粉)
2012年 なし

2013年 怒りの粉(モロバレル)

2014年 この指とまれ(パチリス)

2015年 この指とまれ(トゲキッス、ピクシー、パチリス)、怒りの粉(モロバレル)

・拘り道具持ち:本来の素早さ・火力以上のものが出せる有用なアイテム
2012年 ウォッシュロトム(拘り眼鏡):オボンの実中心となった6世代メタゲームとは役割が異なる

2013年 マンムー(拘りスカーフ)

2014年 サーナイト(拘りスカーフ):影踏みゴチルゼルを眼鏡悪の波動で倒しに来るサザンドラを逃さずに倒せることが採用理由のひとつ

2015年 ランドロス(拘りスカーフ)、ニンフィア(拘り眼鏡)、ファイアロー(拘り鉢巻)

・鋼タイプのポケモン 6世代でタイプ耐性が変化し、受けの枠としてはやや使いにくくなった
2012年 メタグロス

2013年 ヒードラン

2014年 なし

2015年 キリキザン、ギルガルド

・タイプ一致の地震使い 威嚇の影響を受けるが威力・命中ともに100の全体技は強力
2012年 ガブリアス(ラム+威張るコンボでメタグロスも地震を使用)

2013年 マンムー

2014年 ガブリアス(竜舞メガギャラドスも地震を使用。こちらは特性型破りのため浮遊ポケモンにも当たる)

2015年 霊獣ランドロス、ガブリアス

・氷技の使い手(使用率上位の霊獣ランドロスやガブリアスは氷4倍弱点)
2012年 クレセリア(冷凍ビーム)

2013年 マンムー(氷柱張り、氷柱落とし)

2014年 なし(霊獣ランドロスは使用不可のルール。ガブリアスはスカーフサーナイトのムーンフォースで対応)

2015年 メガガルーラ(冷凍パンチ)、ゲンガー(凍える風)、ボルトロス・サンダー(めざめるパワー氷)、クレセリア(冷凍ビーム)

おまけ
ダブルレートに一日5戦程度潜って対戦しています。当たった方はお手柔らかにお願いします。恐らく今年もGW開催のジャパンカップWiFi大会が近付いたら日本人との対戦の動画の投稿は自粛するつもりですが、それまでは気ままに動画投稿する予定です
2012年 WCS日本代表決定戦本戦@大阪ポケモンセンターに参加したタカノさんとの対戦


いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事

これまでの経緯は以前に少しだけ書かせていただきましたが、改めて振り返りつつ今後の活動方針について書きます。

・動画活動の開始
 偽トロキャプチャー(3DS captureの登録商標)を導入し、ノイズフィルターやUSBケーブルなどの周辺機器、編集ソフトの準備。これに際しては「ムーニーちゃん」さんのブロマガ記事をかなり参考にさせていただきました。(http://ch.nicovideo.jp/moony/blomaga/ar318573
PC関係の電子機器には知識面で疎いため、映像出力や音声出力の取り扱いが至らず、時折画像や音声が乱れたりする動画及び放送があるかもしれませんが、御理解いただけると幸いです

・海外サイトでのサポートに関する事
前の記事では海外ポケモンコミュニティーのNugget Bridgeでは日本人が動画宣伝ができるページがあると紹介させていただきましたが(http://nuggetbridge.com/forums/topic/8765-pokemon-vgc-youtube-resources/page-2)、他に動画で使用するオーバーレイ画像のサポートもphotoshop等での画像加工に詳しい海外プレイヤーに協力を要請することもできます。
例えば、ここhttp://nuggetbridge.com/forums/topic/10897-twitchyoutube-overlays/

私はFlareさんにお願いして作っていただきました。この方は有名Youtubeクリエイターでジュニア・シニア・マスターの全カテゴリーで世界大会に出場した初めてのプレイヤーで、2013年世界大会マスターの部では「げべぼさん」に敗北したものの三位となったAaron Zhengさん(Clash Tournamentをスポンサーに持つプロポケモントレーナーでもある)にも画像を提供されている方です

実際にFlareさんに頂いた画像を使用して編集して作成した動画です(動画活動初心者ゆえ、至らない点はお見逃しください)



動画の内容、これからの方向性に関する事
 現在の内容はバトルスポットでのORASダブル(VGC2015)、および海外プレイヤーとの対戦動画を予定しています。元々、一年程前から海外VGCポケモンサイトEggy Emporiumの記事制作に関わり、2012年世界大会準優勝のWolfe Glickさんや2014年ドイツチャンピオンのMarkus Stadterさんとは交流させて頂いていたのですが、今回新たにVGC動画活動を開始するにあたり、2014年世界大会準優勝のJeudy Azzarelliさんや#imoutosのメンバー、欧米の有名プレイヤー、環太平洋地域のプレイヤー60名程が在籍するSkypeグループに参加させていただく運びとなったため、これまで以上に最新の海外環境情報には追い付きやすい環境になったと思っています。
また動画の具体的な製作にあたってはAaron Zhengさんにもサポートしてもらえるようになり感謝しています。

・動画により具体的な内容について
順調に行けば3月に実況開始する予定ですが、自身のプレイング動画それ自体としては、それほど参考になるものではないと認識しているため、直近の海外情報に触れた簡単な解説をつけるスタイルで行こうかと考えています。今の自分にとっては、画像やリンクを切り貼りして海外情報を伝えるより、言葉で話した方が早いと感じる内容もあるため、記事には書かずに動画内で説明することもあるかもしれません。

最後に直近の海外大会関係の記事で気になったものだけ紹介
Aaronさんが優勝したApex2015(公式大会シリーズとは独立した賞金大会)の上位入賞者の構築を紹介した記事
http://nuggetbridge.com/forums/topic/12860-apex-2015-results-teams/

彼がその構築を紹介している動画 #49前後がその関連動画です
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事

・自身の活動
以前の記事で告知させて頂いた通り、動画投稿活動を開始しました。生放送の予定は未定ですが、Youtubeでは定期的に動画投稿をしていく予定です。
https://www.youtube.com/channel/UCp53EGo5ISUyXhMwDz4t0vQ

今後のメインのコンテンツはVGC2015(全国ダブル)のダブルレーティング及び海外勢とのフレンド対戦を予定しています。

実況は3月開始予定、編集は現在勉強中です(ここ最近ずっと翻訳記事に関わる活動しかしていなかったのでポケモンの実力に関しては温かく見守り下さい)

・海外サイトでのYoutubeチャンネルの宣伝
日本ではポケモン実況動画投稿はシングルバトルのニコニコ動画中心ですが、海外では専らYoutubeです。2013年世界大会3位のAaron Zhengさんや2014年アメリカマスターの部チャンピオンのAlex Oglozaさん、世界大会やアメリカの大会の解説者を務める、Justin Flynnさん、TheJWittzさん等が有名なポケモンYoutubeクリエイターとして知られています。

私が普段から関わらせて頂いている海外サイトのNugget BridgeにはYoutubeチャンネル宣伝用ページがあり、ここでは日本人も自身の動画を宣伝することができます。VGCコンテンツの動画はまだまだ少ないので自由に書き込んで構わないそうです。(ポケモン動画をつい最近上げ始めたばかりの私でも構わないと言われました)
http://nuggetbridge.com/forums/topic/8765-pokemon-vgc-youtube-resources/
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事