2014年からずっとお世話になっているオーストリア人VGCプレイヤーのHibiki (@hibikivgc)が最近YouTubeでのVGC動画投稿を開始したので紹介していきます

参照 http://nuggetbridge.com/blogs/entry/1383-about-my-channel/

以下、引用

・チャンネルについて

 私はVGC対戦シーンを盛り上げようと活動しているプレイヤーです。本格的に対戦にのめり込んだのは2014年シーズンからですが、VGCは2012年から見てきました。誇れるような公式大会の実績はあまり持っていませんが、VGC2016ルールが凄く好きです。今シーズンのヨーロッパのCPランキングでは現在の所ベスト16に入っています。

 PGLスペシャルレートS14 (VGC2016)の対戦動画メインの投稿になると思いますが、ちょっと他の投稿者とは違うことをやってみようと考えています。日本人VGCプレイヤーが構築して大会(やオフ会)で使用したパーティだけを動画内で使用していくつもりです。日本人プレイヤーと通話しながら構築を組み立てるコーナーも設けたいと考えています。日本人プレイヤーが結果を出した構築や日本人プレイヤーと一緒に考えた構築を一週間使用し、その後にパーティ解説の動画を投稿していくつもりです。

 動画活動の目標は意見交換(情報交換)を通して欧米プレイヤーと日本人プレイヤーの結びつきを強めていくことです。


・動画投稿のスケジュール

 毎日動画投稿していくつもりです。初めのうちは実行できないかもしれませんが、出来るだけ定期的に動画投稿していきたいです。

 同じ構築を一週間スパンで使っていくつもりです。日本人プレイヤーと考えた構築で月曜日から土曜日までレーティング対戦を行って(対戦動画を投稿して)、パーティ解説動画を日曜日に投稿していくつもりです。
 
 動画投稿の時間は日本時間で午前2時から午前7時の間になると思います。


・使用構築の記録

 使用構築毎に分けて記録を記事として残していくつもりです。(公開しないように頼まれた場合を除いて)記事には使用構築を順番に書き足していきます。


 最後にHibikiの最初の動画を紹介しておきます!



 去年のWCS2015世界大会マスター部門では6年振りに日本人が世界チャンピオンとなり海外プレイヤーの日本人プレイヤー/構築に対する関心は過去最高のものになっています。海外トッププレイヤーが日本人トッププレイヤーに構築相談する機会も増えていると聞いています。

 今回のHibikiの活動の他にも、ドイツ人トッププレイヤーのMarkus Stadter (@13Yoshi37)も日本の環境に強い関心を持っており、大規模オンライン大会グロリアクラシック(http://esports-runner.com/pokemon-double/gloria_classic_imformation/)の結果を分析する動画を制作したりしています。

 個人的にeSports Runnerサイトでの記事作成、ポップチャンネルでの動画制作に関わり、ポケモンVGC対戦シーンの競技化/e-sports化、盛り上げを推進している身として是非応援したい活動なので紹介させて頂きました。
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事
スポンサーサイト


ポケモン性格技1技2技3技4特性持ち物
サンダーずぶとい10まんボルトでんじはどくどくはねやすめプレッシャーひかりのこな
ランドロス(霊獣)いじっぱりじしんいわなだればかぢからまもるいかくきあいのタスキ
ディアンシーいじっぱりダイヤストームムーンフォーストリックルームまもるクリアボディオボンのみ
ガルーラいじっぱりねこだましすてみタックルけたぐりふいうちきもったまガルーラナイト



全国9店舗で開催されたポケモンセンター店舗対抗チャンピオン決定戦に参加してきました

使用した構築は上記の通り(ルールはポケセン配信個体を入れた44ダブル)

以下、簡易レポート

2016年1月30日(土)
09:30 池袋サンシャインシティ2Fのポケモンセンターメガトウキョーに迷いつつ到着
10:00 開店&対戦イベント開始
11:10 無事4勝して抽選券をゲットしてフィアンマさんと合流
11:20 サンシャインシティ3Fのお店でパスタを食べつつ色々お話する(その後、フレ戦したり他の方と交流したりフィアンマさんのINCチャレンジを観戦してたり)

15:00 店舗代表の抽選開始(3番目に選ばれる) その後、相手とのフレコ交換などで待機時間
16:00 ポケモンセンタートウホクの方と対戦して勝利
17:30 ポケモンセンターヨコハマの対戦が長引き、ようやく終了

対戦数自体はそこまで多くなかったですが、待ち時間が長かったこともあり普通に対戦オフ参加してる時と同じくらい一日中ポケモンやってた間隔でした

現場のポケモンセンターの店員さんは待ち時間に観戦者の方とモニターで対戦して盛り上げたり、3DSの充電が切れそうな代表選手に充電器貸してくれたり、対戦までの手続きのサポートしてくださったりと、とてもお世話になりました

WiFiを利用した店舗対抗戦で組み合わせを決めたり、お互いにフレコを登録して意思疎通したりするのに手間取り、やむを得ず時間がかかってしまう形式の対戦イベントで間延びしがちで、対戦を終えた代表選手がかなり長く手持無沙汰になってしまったり、観戦者の方もかなり帰られたりしたので、試合進行がもう少しだけスムーズにできればこの上ないイベントになると思いました

なお、ポケモンセンターナゴヤには松本梨香さんがイベントのために来店されたらしいですね

最後にポケモンセンターメガトウキョーの代表選手16人で記念写真を撮って終了!!!

日本全国のポケモンセンターでこの大会に参加されていた皆さん、改めて本当にお疲れ様でした!!!!!!!!!!


最後に対戦レポート動画を





いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
関連記事