上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 

比較的便利な技で採用機会の多い蜻蛉返りについての考察

蜻蛉返りの仕様として、相手の脱出ボタンにより交換が無効化されることはシングルの脱出雨構築の流行により有名になりましたが、ダブルでは相手の影踏みロックから抜け出せる点も非常に重要です。対滅びパにおいては、相手の二連守る成功読みで、味方に蜻蛉返りを打ち脱出するプレイングはつのオフでのモルフさんにより有名となりました。

一番相性がいいのは、現時点では威嚇を回すことと相性のいい霊獣ランドロス89-145-90-105-80-91

似たような使い方ができるポケモンとしてムクホーク85-120-70-50-50-100がいる。
こちらの方がSが早いのだが、Dの低さ、砂のスリップダメージを受ける点、メイン物理技がブレイブバードやインファイトになることが多く、元々低い耐久がより脆くなる印象である。

大きな差別化としては、命懸けによって、一体をほぼ確実に落としにいくプレイングも可能ではあるが、ランドロスに比べてかなり尖った扱い方となる。

・威嚇とは関係なしに高いAから蜻蛉返りを使えるポケモン
トルネロス79-115-70-125-80-111
負けん気との相性がいい
ボルトロス79-115-70-125-80-111
これはオマケ程度だが、今後の可能性として物理ボルトロスを載せておく

コジョンド 65-125-60-95-60-105

ヒヒダルマ 105-140-55-30-55-95

アグノム 75-125-70-125-70-115
GSルールでも活躍していたこのポケモンの衰退は大爆発の弱体化の影響が大きい

基本的には、Sが速いポケモンで蜻蛉返りするか、スカーフ運用となる

・ややオマケ気味だが、性格が下降補正or Aが低めだが蜻蛉の可能性を考察してみたポケモン

ウルガモス 85-60-65-135-105-100
相手にこちらから接触しても火傷させられる仕様ならよかったのだが。
(スカーフウルガモスに蜻蛉返り入れるくらいなら特殊技のウエポンを増やした方が現実的である)

サザンドラ 92-105-90-125-90-98
Cが高いのだが、A105という種族値を使わない(使えない)のは、宝の持ち腐れ感がある。時々役割破壊の物理岩技採用検討するものの、大抵すぐに没となる

アギルダー 80-70-40-100-60-145
命懸けくらいしかやることがない

ファイヤー 90-100-90-125-85-90
サザンドラ同様
A100を利用する機会がない

フリーザー 90-85-100-95-125-85
暴風と吹雪の霙パが賢明か

テッカニン 61-90-45-50-50-160
タイプ一致で使える。加速をバトンして有効な構築とは(鈍足で超高火力のポケモンとなると自爆カビゴン等だが)
バトンタッチをフワライド構築以外で活かすのは容易ではない

シビルドン 85-115-80-105-80-50
ややAの方が高い。威嚇が気になるところではある。
関連記事
スポンサーサイト
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
Secret

TrackBackURL
→http://poketaroimo.blog.fc2.com/tb.php/189-a6acef06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。