以前、「ダブルバトルのクレセリアのめざ地は弱い」という趣旨の発言をしたところ、「そんなことはない」という指摘を受けたので真面目に考察してみることに

image_20130606184115.jpg

image_20130606184131.jpg

まず第一にクレセリアのめざ地はヒードランピンポイントの技なので、基本的にそこに限って考察する(一応、天候に左右されずメタグロスにダメージを入れられる技と捉えることもできるが)

ダブルバトルに於けるヒードランは冷静噴火型、臆病or控えめのジュエルor眼鏡orヨプ型、食べ残しみがまも型と想定
このうち、一番耐久に努力値を割いているのは食べ残しみがまも型なので(厳密には冷静噴火ドランはHC振りが殆どで耐久はこれとほぼ同じだが、守るを挟んだ食べ残し回復量を加味して上とした)それに対してのダメージを重視して考察する

・食べ残しみがまも型の性格は基本的に臆病一択(図太いという選択肢は稀にある)でHは食べ残し効率最高の16n+ 1とする。努力値はH212 S252が確定で残り44の振り方は人に依る(各種みがまもドランのブログ記事を漁った限 りでは)

ここで、めざ地クレセリアを考察するに当たり、三才ブックス出版バトル奥義6のP34-35トリックルームパーティーの記事のクレセリアを参考にさせて戴いた。後記に拠ると、この記事はトルンさんが執筆されたもののようです。

ここでのクレセリアは性格が図太い、持ち物が食べ残しで
227-X-166-116-150-105となっている。(努力値は252-0-88-168-0-0)

次ページの説明にあるようにみがまもヒードランに対して隙を見せないことを重要視している、とある(対面ではSで上を取られているため、めざパとみがまものPPの関係上勝てない)

以下ダメージ計算
ここでは、仮にみがまもヒードランの残り努力値44をBに振っていると仮定)

クレセリア: めざ地 ヒードラン

C95(0)
84~100ダメージ

C115(156) : このC実数値は以前柚樹さんがスタンに組み込む臆病クレセリアの型として挙げていた値(実際はめざ地個体はC30で取ることが殆どなため努力値が4ズレる)
100~120ダメージ


C127(252)
112~132ダメージ

性格が控えめであったり、トリル下の冷静であればこれ以上の火力は出せるが、限定的な状況のため、ここでは割愛する)

クレセリアのC実数値が115以上であれば一度のめざ地でヒードランのHPを確定で半分以上削れるため、大きな負担を与えることが出来る。

想定される状況として例えば
1、こちらがバンギラス+クレセリア
バンギラスがスカーフバンギラスであれば相手のヒードランに身代わりを残される可能性は高いが、クレセリアのめざ地で身代わりを破壊することで相手への守るor交換を強制することができる。

2、 こちらがクレセリア+カポエラー(意地っ張り想定)
クレセリアがS141以下と想定
相手のヒードランの身代わり。クレセリアのめざ地で破壊。カポエラーのインファイトで1ターンでヒードランを撃破。

カポエラーのインファイト(A161想定)は格闘ジュエルなしで(=威嚇を受けた後のジュエルインファイトと威力は同じ)
168~198ダメージ(割合87~102.5%)のため、一度身代わりでHPを25%消費したヒードランを確定で倒すことが出来る


駄文でしたが、ダメージ計算等でおかしな所等あれば御指摘下さい









関連記事
スポンサーサイト
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
Secret

TrackBackURL
→http://poketaroimo.blog.fc2.com/tb.php/209-f11b1c03