今年2013年に行われたWCS: World Championships世界大会in Vancouverでは、マスターの部ではKosuge Ryosukeさんが準優勝という快挙を成し遂げましたが、一方でジュニアの部ではNakamichi Fukoさんの準優勝を始めとして日本人が上位を独占するという素晴らしい結果でした。

この背景にはもちろん個人の努力による部分も大きいですが、コロコロカップという新しい大会から世界大会へと招待される新しい枠組みが今年から始まり、多くのジュニア選手が参加できたことが大きいです。

世界大会におけるジュニア選手の顕著な活躍の分析が海外有名ポケモンコミュニティーであるNuggetbridgeに取りあげられたのでその記事を翻訳して紹介させていただきます

以外はこの記事「世界大会から学んだこと」の
The CoroCoro Cupという項の翻訳となります。
http://nuggetbridge.com/articles/what-we-learned-6/

原文著者はScott Glazaさん


・今回の世界大会において私達は日本のコロコロカップという出場枠を見落としていました。御存知でない方に説明すると、コロコロカップとは公式大会であり、小学生が3人1組のチームを作り、チーム同士で戦い3試合の内2試合を制したチームが勝ち上がることができる大会です。この大会に於いてはチーム内で同じポケモンを使用することができず、例えば誰かがクレセリアを使用すると他の2名は使用できません。この大会における2つの優勝チーム(注: 東京、大阪の二ヶ所で開催された)はバンクーバー世界大会への出場権を獲得しました。

この大会に関し二種類の反応がありました。ひとつは日本のジュニア出場枠の多さについて、もうひとつは大会形式に対する激しい嫉妬です。
読み進めていただれば理由がわかります。

・他の日本代表の方と同じようにコロコロカップで出場権を掴んだプレイヤーの方は世界大会において素晴らしい結果を残しました。ジュニアにおいてはNakamichi Fukoさんが準優勝となり、そのチームメイトであったYasue Ryuseiさんは3位、Motoe Izumiさんは8位と上位入賞を果たしました。
もうひとつのコロコロカップ優勝チームからは、Narita Harukaさんが4位、Takaki Kippeiさんがシニアで25位(注: 小学6年生のため)、Sugie Ryumaさんが10位でした。
(ジュニアで優勝したBrendan Zhengさんを除き)日本人が上位を独占したのですが、このコロコロカップという大会は、子供達を優れたプレイヤーとし、勝利に執着するようにさせたのだと考えます。プレイヤーはひとりでは強くなる事はできず、互いに切磋琢磨し、時には協力して知恵を絞りPTを考えることで強くなれます。
世界大会に出場するために子供達に協力して戦うことを強いることで、このような重要なスキルが身に付き、(それによって)これからも強くなり続けるでしょう。
同じ理由で子供達はこれからも戦い続けるでしょう。今や彼らは共に戦い勝利し、世界を旅した仲間がいるのだから。そんな素晴らしい仲間がいるのにポケモンをやめることがあるだろうか、いや、これからも戦い続けるでしょう。これこそが、私がこれまで見てきたポケモンの大会の内でコロコロカップが一番素晴らしい大会だと考える理由です。そして、この素晴らしい大会を世界のどこでも開催して欲しいと思います。参加しているプレイヤー自身が恩恵を受けるだけではなく、仲間と共に戦い勝利するという響きだけで楽しいではありませんか!

この記事は厳密なデータや統計に基づいているわけではありません。しかし、言わせて下さい。仲間と一緒に戦う、それも世界の舞台で、特にFukoさんのチームは素晴らしいものでしたよね!
仲間と共に努力し勝利を掴むことは対戦ゲームをより面白くするし、何よりこの代え難い素晴らしい経験を小学生という早期に体験できることはナイスですよね!





誤訳等あれば指摘していただけると幸いです。







関連記事
スポンサーサイト
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
Secret

TrackBackURL
→http://poketaroimo.blog.fc2.com/tb.php/216-57db6822