・簡単なXYダブルレート環境考察(私自身の対戦数がやや不足している部分があるため、見聞きした情報を加味して考察するが偏っているかもしれない)

XYダブルレート一期最初期環境

・スタン系
様々なメガシンカポケモンが試される中最初に上位陣で共通して使用されたのはメガガルーラ
特性親子愛により攻撃回数が2回、ダメージが1.5倍となる。
この特性の恩恵は新しいマシン技であるグロウパンチによる攻撃二段階上昇、気合の襷を貫通して倒せる点が注目される。グロウパンチの御蔭で鬼火を受けても強引に殴り倒すプレイングも可能。
ただし、ガルーラミラーや抜き性能を考えるとガルーラは陽気AS振りが最メジャーであり、ガルーラ単体ではノーマルタイプということもあり脅威とはならないため、これを補佐するポケモンを配置する。
それが、ロトム(鬼火や壁貼り)、トゲキッス(この指止まれ)、威嚇ポケモン等である。
ガルーラが猫騙しを使えることもあり、相手の脅威となるポケモンを止めながら鬼火や壁貼り、威嚇を入れることで機能停止させることが可能。

現在のロトムやトゲキッスはSが遅め
ドラゴン技ではフェアリーに止められることもあり、物理で相手を押し切る構築が多い。
それを鑑み、鬼火、威嚇ポケモンや悪戯心ニャオニクス(役割上性格は図太いが採用されることもある)の甘える等が刺さる。
ロトムのSが遅いならASメタグロスの鉢巻orノーマルジュエル大爆発は上手く決まるかもしれない。

・トリックルームPT

霰トリパ
BW2と大きな違いはない
ユキノオー、シャンデラ、ドサイドン、カポエラー等から成る。クレセリアが使えないが、ムシャーナやシャンデラ、ヤドキング等からトリックルームを展開
従来のAC珠ユキノオーがメガユキノオーになっていたりする。

雨スイッチトリパ
トリル要員はオーロット(お見通し、収穫どちらも強い)やパンプジン
ライコウやボルトロスがいない環境だが、メガライボルトに注目
ライボルトは通常特性避雷針で味方の水ポケモンを守りつつ、メガシンカ後の特性威嚇で相手の物理ポケモンを弱体化。
ボルトチェンジで威嚇を撒きつつ、トリックルーム展開にスイッチできる、オーバーヒートで相手の草or鋼ポケモンを焼ける、めざめるパワー氷があればドラゴンも相手にできる、等の点が評価できる。
メガシンカ前S105、メガシンカ後S135の速さ、ガブリアスを抜ける点が強い

砂スイッチトリパ
勇敢バンギラス、勇敢威嚇クチート(メガシンカ)、トリル要員等から成る
詳細は遭遇数が少ないので不明な点が多い

全体として高レートを目指すのであれば、鬼火(主にロトム)、電磁波威張る(悪戯心クレッフィやニャオニクス♂)が相手から飛んで来ることがしばしばあるので、神秘の守りの採用は多いに検討。
威張るがあれば味方の物理ポケモン強化のコンボにも使える。



関連記事
スポンサーサイト
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
Secret

TrackBackURL
→http://poketaroimo.blog.fc2.com/tb.php/224-5c2220f3