Nuggetbridgeに掲載されたイギリスニンテンドー公式冬季イベントの大会優勝構築記事より引用

本文はこちらhttp://nuggetbridge.com/reports/the-parent-trap-1st-place-nintendo-uk-winter-event-report/
*started. I had recently read tanzying‘s article that he translated from Japanese (tanzying’s article) and discovered that 20 Speed EVs on Rotom was popular to speed creep other Rotom. My Speed IV was 29, since I got some pretty bad luck in breeding, so 28 Speed EVs with a 29 Speed IV hits the equivalent of 20 EVs with a 31 Speed IV.*

以前、私がXYダブル初期環境の分析に関する記事(http://poketaroimo.blog.fc2.com/blog-entry-225.html)を書き、その記事を気に入って下さったシンガポールのTan ZYingさんが英訳してNuggetbridgeに載せて下さったのですが、その文を読んで下さったイギリスのBrandan Ikinさん(pokemonshowdownではTosquillという名前で対戦されている、とのこと)が、特にロトムの素早さの努力値振りの部分を気に入り、実際にその配分でイギリスの大会で優勝

当時の記事では書きませんでしたが、シングル関係のブログで素早さ4振りのロトムを抜くメガフシギバナに触れているものがあったので、それも踏まえ素早さ60振りまでのメガフシギバナを抜ける素早さ20振りロトム、という意識でした。

自分が書いた記事が読まれてそれによって結果を出してもらえるのは嬉しい限りです。
関連記事
スポンサーサイト
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
Secret

TrackBackURL
→http://poketaroimo.blog.fc2.com/tb.php/233-6288b9a6