*お知らせ
翻訳記事を書くにあたり、英語圏の読者を想定している原文では基本的にはポケモンのステータス実数値の情報の記載はありませんが、読みやすさ、構築理解の助けのために今後の記事では実数値を補足して記載させていただきます。

Ray Rizzoさんが優勝したバージニア大会で準優勝だったEnosh Shachar (Human)さんのブログの翻訳記事
原文はこちら
http://eggyemporium.blogspot.de/2014/01/it-was-all-for-chesnaught-second-place.html

「バージニア大会で準優勝となったパーティーの紹介:全てはブリガロンのために」

・パーティー完成までの経緯
このバージニア大会が行われる一カ月前まで使っていた構築、それはPokemonshowdownにおいて使っていた構築である誓いパ(いわゆる御三家のみが使える炎の誓い、草の誓い、水の誓いを組み合わせたパーティー)なのですが、最近ニューヨーク市で行われた小さなオフ会で欠陥を見つけました。そこで、バージニア大会で使えるパーティーを一から練り直すことにしました。

最初は防御面での相性補完に重きを置いて考え始めました。最初に考えたのは、「ボスゴドラ、パンプジン、フレフワン、ファイアロー、水ロトム、ワルビアル」というパーティーです。拘り鉢巻を持たせたファイアローは制圧力が高く相手にプレッシャーをかけることができ、また蜻蛉返りは(注:ダメージを与えつつ交代することができるため)相手をじわじわと削ることができる安定択の技であることが多かったです。スカーフワルビアルは特性威嚇で相手の攻撃を下げることができるし、相手のリザードンやファイアローを黙らせることができるポケモンです。範囲技(複数体攻撃できる技)があり、また悪タイプは攻撃面でも防御面でも有用でした。この二体のポケモンは相手を上から叩くことで安心して勝利に導いてくれるポケモンでした。一方で、パンプジン、ボスゴドラ、フレフワンは攻撃性能が低くお荷物となっていたので、ここを変えることにしました。

ファイアロー、ワルビアルはそのままで、ニョロトノキングドラの雨パーティーを使い始めました。キングドラは攻撃範囲が狭いと感じたので、これをルンパッパに変えました。次に、モロバレルへの打点に問題があると思いました。NYCE4トーナメントでガルーラモロバレル入りのパーティーに遭遇して、このパーティーには相性が悪いので改善すべきだと思いました。「挑発」という技を使えるポケモンのリストを眺めていたところ、ボスゴドラ、クチート、ブリガロンが目に留まりました。ボスゴドラは必要だと思う火力がなく、クチートのタイプはこのパーティーと補完が良くなく、また相手の水ロトムの処理に不安があります。ブリガロンは達人の帯を持たせるとアームハンマーでメガガルーラを一撃で倒すことができ、また裏の水ロトムと交代しやすく、また物理耐久があるので、メガガルーラの猫騙しや恩返しをしっかり耐えてくれます。この時点で「ブリガロン、ニョロトノ、ルンパッパ、ワルビアル、ファイアロー」の5体が確定。飛行の一貫性があるので、残り一体は電気タイプで味方の地震を受けないポケモン、ということで考えました。水ロトムは草弱点のポケモンを増やしてしまうし、草ロトムは飛行が等倍で入ってしまうので、火ロトムとサンダ―が残りました。サンダ―はロトムより種族値が高く、また火ロトムでは天候雨を使うこのパーティーでは動きにくさがあるので、サンダ―に決めました。

201401170106393a8.jpg
ファイアロー@拘り鉢巻
特性:疾風の翼
努力値:H4 A252 S252
実数値:154-146-91-X-89-178
性格:意地っ張り
技:ブレイブバード/フレアドライブ/蜻蛉返り/鬼火

20140117010640f70.jpg
ニョロトノ@オボンの実
特性:雨降らし
努力値:H252 B76 C148 D12 S20
実数値:197-X-105-141-122-93
性格:控えめ
技:ハイドロポンプ/アンコール/守る/冷凍ビーム

20140117010642d95.jpg
ルンパッパ@命の珠
特性:すいすい
努力値:H4 C252 S252
実数値:156-81-90-156-120-122
性格:控えめ
技:ギガドレイン/ハイドロポンプ/冷凍ビーム/猫騙し

20140117010643e41.jpg
ブリガロン@達人の帯
特性:防弾
努力値:H252 A144 B4 D60 S48
実数値:195-159-143-X-103-90
性格:意地っ張り
技:アームハンマー/挑発/ニードルガード/ウッドハンマー

20140117010645f8f.jpg
ワルビアル@拘りスカーフ
特性:威嚇
努力値:H4 A252 S252 (注:原文ではA248となっていますが、おそらく誤記のため修正)
実数値:171-185-100-X-90-144
性格:意地っ張り
技:地震/岩雪崩/噛み砕く/ストーンエッジ

201401170107535fe.jpg
サンダ―@拘り眼鏡
特性:プレッシャー
努力値:H252 B4 C76 D156 S20
実数値:197-99-105-170-129-123
個体値:31-30-30-31-29-31
性格:控えめ
技:ボルトチェンジ/雷/めざめるパワー(氷)/原始の力

・努力値振りの説明
ファイアロー、ワルビアル、ルンパッパはどれも極振り。これは単純に先制してできるだけ多くのダメージを与えたかったからです。先制して倒せればそれだけ攻撃被弾数も減ります。ワルビアルはS216振りにしてスカーフロトム、スカーフヘラクロス、メガライボルトを抜ける程度に留めたり、S180振りにしてスカーフサーナイトや最速130族を抜ける程度に留めることもできます。しかし、メガガルーラを打ち負かすためについ最近スカーフルカリオを使用していて、ワルビアルの素早さ、耐久と比較していた際に、わずかに耐久が上がるメリットに比べたら、抜かれる方がはるかに問題なので、ワルビアルは準速としています。(注:ルカリオはS90族、ワルビアルはS92族)

ブリガロンに関して。最初にメガガルーラの猫騙し+恩返しを耐えるようにHPと防御に努力値を振りました。次に達人の帯補正込のアームハンマーでメガガルーラを倒せるように攻撃に努力値振り。特防の努力値は天候雨下でメガリザードンYのオーバーヒートを耐えるように振りました。残りの努力値は素早さに振り、素早さに努力値を振っていないS70族と同速になりつつ、いくらかのハッサムやバンギラスを抜けるようにしました。

ブリガロンと異なり、ニョロトノの防御への努力値振りは最優先ではありませんでした。特攻への努力値は冷凍ビームでガブリアスをぎりぎり一発で倒せる程度に留めました。ガブリアスを基準としたのは、これがサンダ―やファイアローへの脅威となるからです。H252振りは耐久全般を高めるため、これはメガガルーラの恩返しを耐えることを意識しましたが、物理面ではメガクチートのじゃれつくも意識すべき指標です。S20振りは相手の素早さに殆ど振っていないS70族を抜くため、また自分のブリガロンより速くするため、特にS4振りの耐久に振ったメガバンギラスを抜くためのものです。残り12の努力値は特防へ、これは気持ちちょっとだけでも耐久を上げ、水ロトムの十万ボルトの脅威を和らげるためです。

サンダ―の努力値振りでは最初に特攻を意識するつもりでした。しかし、水ロトムの十万ボルトが比較的一貫しており特殊技を受ける機会が多いので、特防を意識しました。雨ルンパッパを使う上で脅威となるサザンドラ、特に眼鏡サザンドラが怖かったために特防に厚く努力値を振っていたのですが、幸い遭遇することはありませんでした。素早さは,
準速S70族を抜けるようにしましたが、あと8振れれば準速のメガバンギラスを抜けていましたが、これは構築段階では当初それほど意識していなかったポケモンです。残りの努力値を特攻へ。めざめるパワー氷の理想個体のサンダ―を持っていたなら特防の努力値はそのままで余りは素早さに振っていたと思います。サンダ―は素晴らしい活躍をしてくれたので、個体を提供してくれたSimonさんには本当に感謝です。

・立ち回り
ブリガロンは草と格闘タイプの打点しかなく、出しにくいことが多かったですが、特定の相手には刺さり、挑発も良い働きをしました。

対戦の主導権を握るため、交代にいくつかの選択肢があることが重要でした。ルンパッパ+ファイアロー、あるいはルンパッパ+サンダ―の選出で、猫騙しで相手を怯ませながら、蜻蛉返りやボルトチェンジで裏からニョロトノを出せば、命の珠と天候雨で火力の上がったハイドロポンプを打つことができます。草+水+氷の三つの打点があることが上手く機能しました。ファイアローの蜻蛉返りとサンダ―の雷で相手の水ロトムを何度も倒しました。蜻蛉返りとボルトチェンジで立ち回りの選択肢を広げていることが主導権維持に役立ちました。

ワルビアルを出して威嚇によりファイアローのような物理アタッカーの脅威を抑えつつ岩雪崩でじわじわ削り、ファイアローの鉢巻ブレイブバード、サンダ―の雷、雨で強化されたハイドロポンの圏内に入れて倒すのが最もよかったパターンのひとつです。ニョロトノは天候変化と、アンコールにより耐久ポケモンの守るを防ぐことでサポートしてくれました。ガルーラに対してはニョロトノルンパッパ選出で、ニョロトノがアンコール、ルンパッパが珠ハイドロポンプで倒すか猫騙しを拘らせる、というプレイングもできます。特攻に努力値を振っている控えめニョロトノは、相手のガブリアスが冷凍ビームで一撃で倒せ、また相手のファイアローを倒すのにも活躍しました。

最後に、私は大会ではいつも三位で終わることが多かったので、決勝に進出し、二位となれたことに満足しています。これは私にとって10度目の入賞で、昨年から大きな目標としていたもののひとつです。
個体を提供してくれたSnakeさん、Metabouさん、Calm_Lavaさん、Lucariojrさん、Zachさん、
構築のアドバイスをくれたZachさん、Crowさん、特にMeanさんには感謝しています。



誤訳があれば指摘お願いします。

関連記事
スポンサーサイト
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
Secret

TrackBackURL
→http://poketaroimo.blog.fc2.com/tb.php/235-a7b38535