上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 

・前置き
多方面からの批判を覚悟でこの記事を書きます。直接の当事者ではないとは言え、私は記事の日本語訳をしました。日本と海外のプレイヤーの相互の情報交換の一助になれればと、海外サイトへの構築紹介や海外サイトから翻訳を通して日本への情報提供することを中心に活動していますが、「日本の情報を海外に流してばかりで有益な海外情報を流してくれない」という批判は、海外勢が構築記事を書く契機となる大きな公式大会がしばらく開催されていなかったことを抜きにしても甘んじて受けなければならない、という点は承知していますが(もちろん4月の北米の大会が終わって公開される記事は翻訳して紹介する予定です)、今回の問題はそれを一旦棚に置いて考えなければいけない問題だと認識しています。

・経緯
韓国雨と呼ばれる構築があります。この構築は、2014年3月17日に私が翻訳記事を書いたものhttp://poketaroimo.blog.fc2.com/blog-entry-243.htmlですが、この記事の原文は2014年3月17日に英語で書かれたものhttp://m.blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=bizzy_thug&logNo=90192254510&categoryNo=30&isFromSearchAddView=true&pushNavigation=falseです。
この二つの記事だけを読んだ方は認識していないかもしれませんが、この構築記事は、より以前、2014年2月22日にハングルで書かれたものhttp://m.blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=bizzy_thug&logNo=90190879216&categoryNo=30¤tPage=1&sortType=recent&isFromList=trueとほぼ同じものです。
原文著者のKeewanさんが韓国人、韓国語に親しい方だけではなく、世界のプレイヤーに広く読んでもらい知って欲しい、という思いから英語で苦労して書いたものと認識しています。
私はハングルの知識がないので、2月の記事は流し読んだ程度でしたが、先駆的なプレイヤーの方々は、ハングルを翻訳サイトにかける等して大凡の意味を掴み同じものを使用し、この構築を「韓国雨」と呼び始めたと認識しています。
私が3月の記事のタイトルに「韓国雨」と付けたのはそのためです。

韓国雨は、以前紹介させていただいたように、耐久を高めたニョロトノの持ち物脱出ボタン、脱出ボタンと組み合わせて天候の掌握に役立つライボルトのボルトチェンジ、ファイアローの蜻蛉返りを特徴とする、いわゆる広義の脱出雨に分類される構築です。
2014年4月4日に発売されたバトル奥義VIIIでは、ニョロトノの性格努力値技、ファイアローの努力値を除き、全て同じものが「雨パーティ」としてKeewanさんの構築であること、韓国人プレイヤーの方が考えた構築であることに触れずに掲載されていました。(解説の文章にあるいくつかの説明、例えばキリキザンの説明「キングドラの濁流をワイドガードで防いでくるギルガルドに打点を持てる」も類似しています。)
全世界でプレイされているゲームなので厳密な意味での構築の起源に関することは難しい問題であり、また「ゲーム内での構築ごときでわざわざ引用元の記載を徹底する必要があるのか」といった潜在的な問題があり、それをここでは議論しませんが、個人的には広く起源として認められていると思われるものであれば、引用元に関する記述は徹底すべきだと認識しています。

私は過去も現在もバトル奥義の執筆には一切関わっておらず、この構築が今回のバトル奥義に載ることも知りませんでしたが、日本で出版されている本であり日本人として考えなければいけない問題であると認識しており、平和的な解決ができることを望んでいます。
関連記事
スポンサーサイト
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
Secret

TrackBackURL
→http://poketaroimo.blog.fc2.com/tb.php/244-14957e76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。