VGC2012、VGC2013シーズンの対戦動画の内、個人的に印象に残った対戦のyoutube動画リンクを貼る記事(同じ試合がいくつかアップロードされていますが、動画が鮮明で再生回数が多いものから選びました)

・VGC2012
世界大会マスターの部から
決勝戦 Ray Rizzo VS Wolfe Glick
http://youtu.be/rj0pBBHrElY

開幕二連急所を受けてから、トリックルームを上手く使い盛り返した試合が印象的です。

準々決勝 Wolfe Glick VS Sejun Park
http://youtu.be/yKGavNp4mxU

韓国人プレイヤーはキリキザンをよく使う印象を私が持ち始めたのは、この試合からです。Wolfeさんはナッシーというポケモンが好きで、Eggy Emporiumのシンボルマークにも描かれています。この年にWolfeさんが使ったナッシーは特性収穫でオボンの実を持たせたものです。

日本代表決定戦シニアの部決勝戦から
http://youtu.be/PMy_cWJWBCM

トリトドンというポケモンは、第五世代BWから特性呼び水の仕様変更により強化されたポケモンですが、WCS2011のルールはイッシュポケモン限定のダブルバトルであったため、実質的に公式大会ルールで使用可能になったのはこの年からです。耐久力のあるポケモンであり、特定のポケモンを完封できる性質があります。食べ残しや自己再生を持たせることで場持ちが良くなり、この試合だけではなく海外の他の大会でも時間切れとなりHP割合での勝敗判定となることが何度か見られます。

おまけ
世界大会シニアの部準決勝
http://youtu.be/NmovFCmfsG8
押しミスで、モロバレルが味方のクレセリアにキノコの胞子を打つシーンがあります。世界大会特有の緊張感、というものについて考えさせられる試合

・VGC2013
世界大会マスターの部
決勝戦
Arash Ommati VS げべぼ
http://youtu.be/IV-2tBVJi6M

マンムーの持ち物が拘りスカーフと判別できなかったことがこの試合展開の背景にあります。Arashさんの構築は非トリックルーム展開で強力なマンムーと負けん気トルネロス、トリックルーム展開で強力なローブシンとモロバレルを組み込んだ当時のメタゲームを完全に読んだ素晴らしい構築でした。http://poketaroimo.blog.fc2.com/blog-entry-218.html

準決勝
げべぼ VS Aaron Zheng
http://youtu.be/G65gN85LvY8

言わずと知れた名勝負。Swagger is universal language

日本代表決定戦マスターの部
準決勝
ハルト VS MAS
http://youtu.be/OyhZRarKvGU

ブルンゲルの素早さが最遅ではないこと、ブルンゲルとハッサムの素早さ関係がひとつのポイントになっています。

(プレイヤー名は敬称略)

今年はどのようなドラマが生まれるのでしょうか
関連記事
スポンサーサイト
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
Secret

TrackBackURL
→http://poketaroimo.blog.fc2.com/tb.php/248-29ae0bfe