光栄にもJeudy Azzarelliさんから依頼を受けたため翻訳させて頂きます。
原文http://imoutoisland.blogspot.jp/2014/08/its-not-my-fault-i-cant-cut-regionals.html?spref=tw

世界大会2位の構築記事

皆さんこんにちは。多くの方はご存知でしょうが、私Jeudy Azzarelli(http://twitter.com/SoulSurVGC )はWCS2014世界大会のVGC部門マスターの部で2位という成績を収めました。この構築に辿り着いた経緯は明白なので、記事を投稿して説明していきます。

The Team
20140820110941b89.jpg

リザードン@リザードナイトY

特性:猛火→日照り
努力値:H92 B108 C52 D4 S252
実数値:165-X-112-149-106-152 (165-X-112-204-136-152)
性格:控えめ

技:熱風 オーバーヒート ソーラービーム 守る

・控えめ準速サザンドラ抜き
・陽気ガブリアスの岩雪崩耐え
・陽気メガガルーラの恩返し耐え

この構築は最初メガリザードンYではなくメガガルーラを軸に考え始めたのですが、世界大会本番ではメガガルーラへの憎しみが溜まっていると考えました。(意訳すると「メガガルーラメタが進んで動かしにくくなっていると考えた」)そこでメガガルーラへのメタとして採用されるポケモンであるクチート・ルカリオ・ギルガルドにまとめて対応できるメガリザードンYに行き着きました。このメガリザードンYはサザンドラへの有効な打点がないのに、相手の準速サザンドラを抜けることを強調しているのを不思議に思う方がいるかもしれませんが、ガブリアスの岩雪崩とメガリザードンYのオーバーヒートの組み合わせでサザンドラやヒートロトムを倒すことができます。範囲技としての岩雪崩のダメージは僅かですが、晴れ下オーバーヒートだけでは倒しきれないポケモンをこの組み合わせで倒すことができ、実際世界大会ではこれで二体のフラージェスを倒しました。メガリザードンYは本当に世界大会でのMVPです。

参考 CSサザンドラへのダメージ
C204メガリザードンYの晴れ下オーバーヒート 102-121
A176命の珠ガブリアスの岩雪崩ダブルダメージ 44-52

201408201109426c2.jpg

ガブリアス@命の珠

特性:鮫肌
努力値:H12 A204 B4 D36 S252
実数値:185-176-116-X-110-169
性格:陽気

技:ドラゴンクロー 地震 岩雪崩 守る

・臆病メガライボルトのめざめるパワー氷耐え
・H4ガブリアスをドラゴンクローで一撃

メガリザードンYを決めた後、岩雪崩と地震という範囲技を使うことができるガブリアスを直ぐに構築の主軸に据えました。メガリザードンYとガブリアスという組み合わせは、ポケモンXY発売初期の最初のダブルレーティングの構築で使い始めた組み合わせであり、これは「この指とまれ」を使うトゲキッスが多かったことに対抗するためのものでした。相手の二体を攻撃対象とする範囲技はダブルダメージだと技の威力が75%になってしまいますが、世界大会という高度に緊張した状態では、小さなダメージの蓄積が相手をあと一回の攻撃で倒せる「縛り状態」に持ち込むのに有効であり、これがプレイングにゆとりをもたらしてくれました。持ち物に命の珠を選択したのは火力を求める一方で技の選択に融通を利かせるためです。拘り鉢巻では同じようにはいきません。ガブリアスは自身の攻撃によっても、また特性による削りダメージでも相手を次に攻撃で倒せる圏内に持ち込む点でも活躍してくれました。

201408201109453b8.jpg

バンギラス@拘りスカーフ
特性:砂起こし
努力値:H20 A252 B4 D4 S228
実数値:178-186-131-X-121-121
性格:陽気

技:噛み砕く 岩雪崩 冷凍パンチ ストーンエッジ

・拘りスカーフニョロトノ抜かれ

メガリザードンYをサポートできる範囲技持ちのポケモンをもう一体探しました。速い素早さから岩雪崩を打てることは怯みの追加効果によってワンサイドゲームを演出することもできます。ガブリアスの岩雪崩と組み合わせれば相手のポケモンはもはや行動不能です。攻撃種族値の高いバンギラスがタイプ一致の岩雪崩で怯ませてくるのは脅威です。
ストーンエッジは岩弱点のポケモンを一撃で倒したい時、単に相手単体を高い打点で攻撃したい時に使う技、冷凍パンチはこの構築が相手をするのに面倒であるガブリアスを倒すための技です。バンギラスに採用する氷タイプの技として冷凍パンチと冷凍ビームを比較した際に、冷凍ビームを採用するのは余分に特攻に努力値を割かなくてはならないため、冷凍パンチを採用することにしました。
幸運にも日本のポケモンセンター限定配信であるこのポケモンを入手することができたので使用したのですが、対戦相手の驚き、攻撃力は私自身の期待を超えていました。

注:Jeudyさん本人に確認しましたが、この日本のポケモンセンター限定配信の冷凍パンチ持ちプレシャスボール入りバンギラスの個体は陽気5V理想値だったそうです。

20140820110944e3c.jpg

ボーマンダ@ハバンの実
特性:威嚇
努力値:H52 B4 C84 D116 S252
実数値:177-139-101-155-115-152
性格:控えめ

技:龍星群 大文字 岩石封じ 守る

・控えめ準速サザンドラ抜き
・臆病メガライボルトのめざめるパワー氷耐え
・臆病サザンドラ@命の珠の龍星群耐え
・H4メガルカリオを大文字で15/16で一撃

ハバンの実を持たせたボーマンダはよく使っていたポケモンなのですが、適当な素早さ調整先が見つかりませんでした。素早さ実数値で126, 133, 141と色々試していましたが、偶然友人のSimonさんが「眼鏡龍星群を受ける心配がなくなるよう準速サザンドラ抜きにしてみてはどうか」と薦めてくれました。岩石封じは攻撃的な構成の中に素早さ調整のための技を仕込み、立ち回りに融通を利かせるための技でした。龍星群と大文字は説明不要の技で、最後の技一枠には羽休めより重要だと感じた守るを採用しました。ボーマンダの持つ特性威嚇は対戦中に出し入れすることで相手の物理ポケモンの脅威を緩和できるので世界大会前の調整でも本番でも重宝したポケモンでした。

20140820110946da3.jpg

カットロトム@オボンの実
特性:浮遊
努力値:H252 B84 C76 D92 S4
実数値:157-X-151-135-139-107
性格:図太い

技:10万ボルト リーフストーム 鬼火 守る

・A1段階↓のファイアローの鉢巻フレアドライブ耐え
・臆病メガライボルトのオーバーヒート耐え
・ガブリアスのような物理アタッカーを鬼火スリップダメージで5-6発
・H4ファイアローを10万ボルトで一撃
・リーフストームでオボンの実を持ったマリルリを腹太鼓発動圏外へ

一見してこの構築で一番目立つポケモンであり、唯一準速サザンドラを抜いていないポケモンですが、この構築の強力な要です。世界大会直前に行われたNuggetBridge Invitationalまではこの枠にはサンダーが入っていたのですが、そこで優勝したBaz Andersonさんの構築の軸であるメガバンギラス・モロバレル・ライチュウ・マリルリの組み合わせに弱いと感じて変更することになりました。まず防塵ゴーグルを持たせたウォッシュロトムを試しましたが、耐久調整を施したサンダーの役割に代わることができません。そこでこのカットロトムというポケモンに目を付けました。草タイプのポケモンなので(モロバレルの怒りの粉で吸われない、という観点で)防塵ゴーグルを持っているのと同等であり、オボンの実を持たせることで場持ちをよくできます。最初は物理防御面に特化した努力値振りにしていましたが、サザンドラのような強力な特殊打点を持つポケモンが気になり、このような努力値配分となりました。
もし世界大会前にNuggetBridge Invitationalが開催されず、友人のAngelさんやSimonさんが優勝したBaz Andersonさんに負けて、この構築の欠陥に気付いていなければ、こうして世界2位となりレポート記事を書いていることはなかったでしょう。このカットロトム採用という決断に非常に満足していて、注目してもらいたい点です。

注:NuggetBridge Invitationlについてhttp://poketaroimo.blog.fc2.com/blog-entry-261.html

201408201111432b3.jpg

ルカリオ@ルカリオナイト

特性:精神力→適応力
努力値:H4 A252 S252
実数値:146-162-90-X-90-156 (146-197-108-X-90-180)
性格:陽気

技:インファイト バレットパンチ この指とまれ 守る

・H4サーナイトをメガ進化バレットパンチで15/16で一撃
・意地っ張りファイアロー+1でS実数値179の陽気ファイアローに抜かれないように最速


メガリザードンY軸の組み立てからガブリアスとバンギラスを採用しましたが、範囲技では相手のポケモンを少しずつしか削れないので、イージーKOを狙える高い打点を持つポケモンとしてルカリオを採用しました。岩雪崩や熱風による削りとインファイトを組み合わせることでガブリアスのような耐久の高いポケモンも倒すことができるので、メガルカリオはこの構築に必須のポケモンでした。このポケモンの枠には元々サザンドラ抜きでアームハンマーを持たせたガルーラを入れていましたが、ガルーラでは遂行が遅すぎるので(注: 火力の問題ではなく素早さが遅いので受けに回りがちという意味だと思います)世界大会に連れていくのが嫌だったのです。またメガガルーラを連れていくことでガルーラミラーが予想されたので格闘打点としてメガガルーラよりも速いメガルカリオ採用となりました。
またこの構築ではスカーフサーナイトが重いと感じていたのでメガルカリオの先制技のバレットパンチが有効であると思っていましたが実際には一番重要な場面で失敗しました。(特に決勝戦のVS Sejun Parkさんの試合のことを指していると思われます)
この指とまれはメガ時にも非メガ時にも有用なサポート技で、私見ではルカリオの一番使える技です。実際の対戦ではメガルカリオが一番活躍していなかったのですが、これは大会中一度もメガガルーラとマッチングしなかったことに起因していると思います。

注: ルカリオ採用で重要な点のひとつにパーティ内にガブリアスより速いポケモンがいること、があったようです。

決勝戦動画
https://m.youtube.com/watch?v=f3hdZTSRuaw&feature=youtu.be
http://sp.nicovideo.jp/watch/sm24265457

・総括
メガガルーラから始まったこの構築は最終的に私を世界2位に導いてくれた素晴らしい構築となり、とても気に入ってます。決勝戦のプレイングが少し残念なものになり良い試合を演じることが出来なかった点は対戦相手のSejunさんに申し訳なく思っています。幸運にも来年の世界大会出場権を獲得しました。来年の世界大会に向けて小さな大会にも全力で臨み世界2位の称号に恥じない実力を示せるよう頑張っていきます!

おまけ(Fifiさんに許可を頂き掲載させていただきました)







明らかな誤訳などあれば指摘お願いします。
関連記事
スポンサーサイト
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
TrackBackURL
→http://poketaroimo.blog.fc2.com/tb.php/263-82c10c4c