以前Google Documentで公開していたまとめをブログに転載した記事

2015年CPシステム詳細
関連リンク
http://www.pokemon.com/us/play-pokemon/pokemon-events/pokemon-tournaments/earn-championship-points-vg/

http://nuggetbridge.com/forums/topic/17785-2015-season-feedback-thread/


貰えるptの大きさは
National Championships 全国大会
Regional Championships 地区大会(州大会)
Premier Challenges 地域大会
Online Tournament INC wifi大会

の順

用語解説
Best Finish Limits, BFL
採用される上位成績の上限数。例えばRegional ChampionshipsのBFLは3であり、4つのRegionalに登録/参加した場合に1位、2位、3位、4位という成績を挙げたとすると、一番悪い成績の4位の大会の成績によるptは獲得できない。これは5つ目以降の大会についても同様である。
このシステムは、過度な遠征による選手の時間/金銭的負担を軽減する狙いがあると思われる。


以下もらえるpt詳細
National Championships, Best Finish Limits 5
1位 600pt
2位 500pt
3,4位 400pt
5-8位 300pt
9-16位 200pt
17-32位 150pt
33-64位 100pt
65-128位 50pt

Regional Championships, Best Finish Limits 3
1位 120pt
2位 100pt
3,4位 80pt
5-8位 60pt
9-16位 40pt
17-32位 30pt
33-64位 20pt
65-128位 10pt

Premier Challenges, Best Finish Limits 5
1位 40pt
2位 32pt
3,4位 26pt
5-8位 20pt
9-12位 14pt
13-16位 8pt
17-32位 4pt
33-64位 2pt

Online Competition カテゴリー毎だが、全世界一括の順位でpt付与(地域毎ではない)
1,2位 12pt
3,4位 10pt
5-8位 8pt
9-16位 6pt
17-32位 4pt
33-64位 3pt
65-128位 2pt
129-256位 1pt

ここまで記載したもの以外にKickerという仕組みがある。
これはオフライン大会の参加者数が予定より少なかった場合は、その大会での順位の価値が下がる(意味を持たない)ために、一定以上の参加者数を求める概念である。Kickerで記載されている人数以上の参加者がいなかった場合は、その順位及びptは無効となる

(選挙の一票の格差が生じないようにする調整に似ているか?)


CPシステムは毎年変化するものである。
海外株ポケTPCiのalphazealot (Chris Brown)さんによると、2016年シーズンでは
・オンライン大会を増やす
・Regionalsを獲得できるptの異なる2種類のイベントにわける
・Best Finish Limitをさらに制限する(特にNational Championships参加数制限をより厳しくする)
・CP barの導入

を検討している

背景としては、アメリカから南アフリカ全国大会に参加してptを稼いだプレイヤーの存在?

CP barとは、これまでのように各地域の獲得累計CP上位X人が世界大会出場権を得るという仕組みから、一定数以上のptを稼いだプレイヤーすべてに出場権を与えるという概念である。
(これは、各プレイヤーが目標とする成績を定めやすいことと、競い合っているptが近いプレイヤーと徒に喧嘩してしまうことを防ぐ狙いがあるだろうか?)

2016年CPシステム詳細
参照リンク
http://www.pokemon.com/us/play-pokemon/pokemon-events/pokemon-tournaments/earn-championship-points-vg/


URLは2015年のものと同じだが内容が更新されている

以下主な変更点
・National Championships(各国の代表決定戦)でのBest Finish Limit1の導入

2015年シーズンにアメリカ人プレイヤーが南アフリカ全国大会でCPを荒稼ぎしたのを問題視したか?

これはヨーロッパの選手にとって重大な変更である。複数の国(ドイツ、イタリア、イギリスなど)の全国大会を転戦する意味が薄くなる

・Premier ChallengesのCP減少とRegional ChampionshipsのCP増加
大会の重み(傾斜)の変化

小さい大会での勝ちを積み重ねることより、大きな大会で上位に入ることがより重要になる?

・CP barの導入(公式サイトでは未発表だが、複数筋から導入確実との噂)
詳細は2015年CPシステムでの記述参照
関連記事
スポンサーサイト
いつも御訪問ありがとうございます (*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
にほんブログ村 ゲームブログへ 
TrackBackURL
→http://poketaroimo.blog.fc2.com/tb.php/306-1697c4d6